珍獣の館文庫(拙著)

アイキャッチ

 この記事は ブログ筆者(chinjuh) が Kindle用に作った電子書籍の一覧だったのですが、Amazon が画像付き広告を勝手に廃止しやがりまして、現在リンク切れになっています。直そうかと思ったんですが、さすがに糞作業すぎてウンザリしたため放置します。全部じゃないけど↓このへんから買えるものが多いです。紙の本ではありませんので注意してください。

amazon:蘭藍沐(ららむ〜)著作一覧
↑このリンクからでも購入ページに行けると思います。

 Kindle(キンドル)は電子書籍を読むためのアプリで、スマートフォンかパソコンにインストールします(インストールは無料です)。キンドル用の本をAmazonで購入して、Amazonと同じIDとパスワードでキンドルにもログインすれば読めるようになります。この説明でわかんない場合は面倒くさいので買わなくていいです。Amazonみたいなアホ会社にこれ以上儲けさせなくていです(でもわたしはお小遣いが欲しいです。後腐れのないサンタクロースを年中無休で募集しています)。


最新刊


 2022年8月の最新刊です。一休さんの話なんですが、江戸時代の仮名草子から翻刻(テキスト化)して、現代語訳もつけてあります。この本に収録したのはごく一部で、一休ばなしと呼ばれるものはもっと沢山あります。

 なんとなくおもしろいかなと思って翻刻しはじめたんですが、人気者の一休さんなので、偉い先生方が作った本が沢山あったりして(現代語訳がついてないのも多いですけど)がんばる意義があまりないので続刊はないかもしれないです。買い切り300円、いつも通り Unlimited 会員は無料。

 ちなみに古文だけでいい人はこちら(googleドライブ)から無料で見られますのでよろしければどうぞ。>https://drive.google.com/drive/folders/1V1EIUAfo23TmGhyDZARX7tyD-XMh1-cL?usp=sharing

既刊

 みんなで翻刻+珍獣の館文庫コラボシリーズ。豊富な挿し絵と現代語訳付き。絵本感覚で読めます。

 『飛た間違矢口噂』は夫婦の性格が入れ替わってしまう話。『化物箱根の先』『化物七段目』は時代に取り残された妖怪たちが新しい化け方を模索する話です。どれも江戸時代の草双紙(絵本)で、豊富な挿し絵と現代語訳を収録しています。

 『化物昼寝鼾 ばけものひるねのいびき』も見越し入道の話で、時代遅れになった妖怪がもう一花咲かせようとがんばるいつものパターンです。当時の流行がつめこまれた話になっているので直訳ではなく、現代の流行りに置き換えたりして、かなり遊んで訳してみました。ちなみに直訳っぽく訳したのはこちら(googleドライブ)から無料で見られるようにしてあります。>https://drive.google.com/drive/folders/1pUqIFbxe9jk9nOP5RN0a_RiebFfFvvXC?usp=sharing


 ここから下は文章だけの本です。横書きだったり、縦書きだったり、あまり体裁がよくないですがよろしくおねがいします。2022年8月現在、ほとんどのものが縦書きで表示されるようになったと思うんですが、於六櫛だけちょっといじらないと縦書きにならないみたいなのでもうほっときます。舌切り雀はもともと横書きです。

 『満次郎漂流記』はいわゆるジョン万次郎の話で、幕末の本を現代語訳にしました。今回古文はついていないです。『舌切り雀』はタイトルの通りの昔話で、ポッドキャストとyoutubeに流すのでついでにやっちゃえと、Amazonにも並べてみました。Unlimitedの読み放題対応です。amazonプライムだと読めないっぽいです。

 いずれも素人仕事で、一部はあまり体裁よく出来ていません。これは酷いと思ったらamazonに文句言ってお金返してもらってください。



続きを読む

カテゴリー: お知らせなど | 4件のコメント

札所(霊場巡り)関連の記事一覧

IMG_8455s

近所にある知られざる札所(霊場)を探索しています。わたしの興味はあくまで身近なところに限定されていて、遠いところの話とか振られても「あっそう」で終わります。コメント欄に濃い事書き捨ていく人はたいてい相手にされませんのでよろしくおねがいします。

最近動きのある記事のインデックスにつきトップに表示しています。
続きを読む

カテゴリー: みんぞく・歴史 | タグ: , , , , , | 2件のコメント

黒大師の六番、水郷大師の七番(南蔵院)

アイキャッチ

 久しぶりにしばられ地蔵の南蔵院に参詣しました。こちらには水元水郷大師の七番と、黒大師(瓦大師)の六番があるのですが、境内の模様替えがあったようで、それぞれ場所が変わってしまいました。


黒大師(瓦大師)の六番

南蔵院見取り図(瓦)

 黒大師の第六番は、以前は聖徳太子堂に向かって左後ろの植え込みの中に埋没してたんですが、今は山門を入って右手にある藤棚の下に遷座されています。柵があり、近づくことはできませんが見ることは可能です。夏は藤棚で影になるので少し分かりにくいかもしれません。

IMG_3604s ▲藤棚の下に遷された黒大師の第六番。

 黒大師は葛飾区、三郷市、八潮市、足立区にまたがる21ヶ所霊場です。開創年は不明ですが、金町の金蓮院前に明治時代の石碑があるのでその頃のもの(もしくはそれ以前のもの)と考えられます。詳しくは下記を見てください。

◎黒大師(瓦大師)を探せ
http://www.chinjuh.mydns.jp/wp/20161130p6450


水元水郷大師の七番

  こちらは悲報かもしれないです。というのは、水郷大師の七番は、以前は墓地の入り口に安置されていて、誰でも近くへ寄って参拝して台座を確認することも出来たのですが、2024年現在、一般の参拝者には手の届かないところに遷座されてしまいました。

南蔵院見取り図(水郷)

 以前の場所にはない事に気づいて、境内の行ける範囲をすべて探したんですが見当たらず、仕方ないので売店でたずねたところ、一般には公開されていない、古い建物のあるところへ遷したということでした。

 見取り図の、庭園のさらに上(北)にあるエリアは、昔の住職が住んでいた古い建物などを移築して保存してある場所だそうです。門は閉ざされていて、普通には入ることはできません。でも、門の隙間から覗いて見ると、茅葺き屋根の建物の前に後ろ姿が見えました。

 IMG_3609s ▲門の隙間ごしに見える水郷七番大師の後ろ姿。

水郷七番大師後ろ姿、拡大 ▲拡大してみました。

 近づけなくなってしまったのは残念ですが、存在は確認できたので良かったです。しばられ地蔵の南蔵院は天台宗のお寺です。弘法大師は真言宗の開祖なので宗派が違うのですよね。

 四国の霊場もそうですが、宗派の違うお寺が札所になってるケースはそれなりにあるんです。ただ、水郷大師も黒大師も、すでに活動をしていない(お世話する人のいない)霊場巡りなので、処分されてしまっても不思議はないと思うんです。大事にしていて下さるだけでもありがたいなと思います。

 水元水郷弘法大師は旧水元村一帯に作られた21ヶ所霊場です。開創は昭和初期です。詳しくは下記を見てください。

◎謎の二番から始まる水元霊場探訪(水元水郷弘法大師二十一ヶ所)
http://www.chinjuh.mydns.jp/wp/20160928p5515

カテゴリー: みんぞく・歴史 | タグ: , | 2件のコメント

東金町・光増寺の #六地蔵

光増寺六地蔵00

六地蔵調べです。主に家の近くのもので、造立年を解読できたものを中心に記録してます。
六地蔵調査の一覧は>こちら
続きを読む

カテゴリー: みんぞく・歴史, 街歩き | タグ: , , , , | 1件のコメント

中川沿いを南下する成田山道標不動像

IMG_5932s

これといって道標っぽくはないものの、どうもこれは成田山への道標なんじゃないか、と思うものが中川沿いに点在してることに気付き、とりあえずまとめてみました。
続きを読む

カテゴリー: みんぞく・歴史, 街歩き | タグ: , , , , , , | コメントする

八潮市大瀬・宝光寺墓地の #六地蔵(江戸時代)

IMG_6539s

久しぶりに六地蔵調べです。主に家のまわりのものを調べています。八潮市大瀬・宝光寺は、参道にある明治時代の六地蔵をすでに調べていますが、この記事では墓地にある江戸時代の六地蔵をとりあげます。
六地蔵調査の一覧は>こちら
続きを読む

カテゴリー: みんぞく・歴史, 街歩き | タグ: , , , | 1件のコメント

奥戸・妙厳寺にある謎の道標石 #神社仏閣

IMG_0488

葛飾区内の寺院にあった道標石(しるべいし)。奈良県や和歌山県の地名が書いてあるので地元のものじゃなさそうだけど……となんとなく写してきてツイートしたら、もともと立ってた場所がある程度わかってしまったという話。
続きを読む

カテゴリー: みんぞく・歴史, 街歩き | タグ: , , | 2件のコメント

【まとめ】六地蔵の名前

六地蔵1s 六地蔵には名前がついていることがあります。バリエーションが多く、なぜそんな名前なのか想像できないものが多いです。ここでは古典籍に見える六地蔵の名前と、これまでの調査でみつかった名前付きの六地蔵をまとめておきます。
続きを読む
カテゴリー: みんぞく・歴史 | タグ: , | コメントする

東和霊場はめぐれるやつなのかどうか

IMG_9108s

 最近すっかり霊場巡りと六地蔵ブログになってますが、今回も霊場関連です。でも、めぐれる霊場なのかはちょっとわからなくて、ひとまず記録として書いておこうかと思います。
続きを読む

カテゴリー: みんぞく・歴史, 街歩き | タグ: , , | 1件のコメント

江戸川八十八ヶ所 柏市内24番と26番

IMG_0255s

 先日は馬橋から小金井までの常磐線の南側をまわったわけですが、今回は柏市内のいくつかの札所をまわりました。結論からいうと26番は大師堂があるんですが、24番は現在は大師堂がありません。
続きを読む

カテゴリー: みんぞく・歴史, 街歩き | タグ: , , , | 1件のコメント

江戸川八十八ヶ所 常磐線の南側6ヶ所

IMG_0157s

 ついでの用事があったので、江戸川八十八ヶ所のうち、常磐線の南側にある6ヶ所の札所を回りました。千葉県松戸市内の札所の一部になります。
続きを読む

カテゴリー: みんぞく・歴史, 街歩き | タグ: , , , | 2件のコメント

東水元光増寺の#六地蔵 #神社仏閣

IMG_9918s 六地蔵調べです。昨日通りがかりにお参りして、がんばってみたら造立年が読めたので。六地蔵調査の一覧は>こちら
続きを読む
カテゴリー: 街歩き | タグ: , , , , | 2件のコメント