記事一覧

#虫 巷ではキモイって大評判の虫の写真をイヤってほどどうぞ

ファイル 1818-1.jpeg
 これ、なんだかわかります? iPhone5 のカメラしかなかったので、後ろの手にピントがあっちゃってるかもしれないけど。

ファイル 1818-2.jpeg
 トリミングして嘘接写にしました。これならどうです?

ファイル 1818-3.jpeg
 トリミングした嘘接写写真をさらにトリミングしたスーパー嘘接写にしたものです。こうなると余計なんだかわからない。


ファイル 1818-4.jpeg
 色の違う個体も写してみました。この色の差は個体差なのか、育ち具合の違いなのか、そこらへんは継続して飼育したことがないのでわたしゃよくわからないんですけどね。

ファイル 1818-5.jpeg
 これもトリミングして嘘接写に。 iPhone5 のカメラもなかなかのものですね。

撮影:2014年10月11日
撮影地:浅川河川敷き(都内)


 昨日は昆虫やクモ類を食材にする研究をしている会*1に参加して、都内某所、浅川の川原で虫取りをやりました。この時期の狙いはバッタ類なんですが、台風18号で増水した関係か、この日はバッタ類はいつもよりいませんでした(にもかかわらず、すごい数とってる名人もいましたけど!)。

 バッタがとれなかった代わりに上に貼った写真の虫は沢山いました。この虫は、シャチホコガという蛾の幼虫です。

 どこが頭ですかって何度も聞かれたけれど、直視することを恐れずよく見ると自分でもわかるはず。1〜3枚目の写真は左側にあるのが頭、4〜5の写真は上にあるのが頭です。シャチホコのようにそりかえって、頭と尻がくっついいます。それがこの虫の決めポーズです。

 こんな格好をしてたらかえって目立つんじゃないかって思うでしょうが、屋外だと枯れ葉が枝にからまってるようにしか見えないので、あんがい目につきません。現に昨日も、あんなにあっちこっちにいたのに気づいて採集して食べてた(えっ)のは、参加者が10人くらいいた中で、わたしを含めて2人でした。

 いや、ほら、なんせ食用への可能性を研究する会(た、たぶん…)なので、食えそうなものは食ってみる必要があるんです。屋外なので、できる調理が限られていて、昨日は天ぷらにして食べました。別の人は「刺激的な味。酸味がある」と言ってましたが、わたしが食べたやつは特別味はしなかったです。虫の場合、直前まで食べてたものによって味は変わると思います。

 シャチホコガの幼虫は カエデ科、ニレ科、カバノキ科、クルミ科、ブナ科、ヤナギ科、バラ科、ミズキ科、シナノキ科、マメ科など、いろんなものを食べるそうですが、昨日行った川原だと、マメ科の名前のよくわからない植物についていました。

*1:たまにマイミクさんとかでも、わたしがこの会のスタッフをやってるみたいな誤解をしている人がいるんですが、わたしはただの常連参加者で、しかも屋外で虫をとるイベントにしか参加してないです。ついでにいうと集合写真にも入ったことないので、その会の公式サイトで写真を見て「あの人が珍獣さんだろう」みたいに予想しても、100%全部ハズレです、ごめんなさい。参加者のみなさん全員が、わたしの数十倍まともな人なので誤解するとお気の毒ですからやめといてあげてください。

タグ: 昆虫食

昨夜の月蝕写真

ファイル 1817-1.jpeg
ファイル 1817-2.jpeg
ファイル 1817-3.jpeg
ファイル 1817-4.jpeg
▲蝕の最大の頃(20時ちょい前)。カメラの設定だけでは薄暗い何かしか写らなかったので、画像処理して露出を上げました。

ファイル 1817-5.jpeg
▲皆既食が終わった直後くらい。20時25分ごろ。

 このへんまではおおよそ5分ごとに撮影してたんですが、雲が出て月が隠れたり、カメラをマニュアルモードにしてあるのにF値やシャッター速度を変えられなくなるなどのアクシデントに見舞われて(何かのタイミングで感度が固定されてしまうとかが原因みたい)、あきらめて夕飯食べてしまいました。

撮影地:葛飾区水元某所
カメラ:FINEPIX HS10(コンデジのやや高機能なやつで一眼じゃないです)


 撮影しながらツイート読んでたら、月蝕の何が面白いんだ、なんて話題が出てたけど、いや面白いでしょ。だってこれ地球の影なんですよ。

 手をふったら月に自分の影が…いや、それはないけど、今自分がいるこの地面の影が、空にうかんでる月に落ちてるのは、そうとう面白い。月にウサギがいたら、地球の影を踏めちゃうんだから! まあ、日蝕の時は、逆に月の影を地球人が踏んづけられるんだけど。

 同じようなドキドキを、前に筑波山でも味わったことがある。あの山は平野に突然バーンと立ってるから、てっぺんから下を見下ろすと、山自体の影が平らな地面に落ちてるのが見えるのよ。

http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=622
 これがその時の記事ですが、今自分が立ってる巨大な山の影なんだと思うと、妙な感じがするものですよ。あたりまえだけど、ちゃと山の形になっているしね???

 山の形に影が出来るのとおんなじで、月蝕の時、月に映る影は丸いでしょう。それは地球が丸いってこと。

 そんなのあたり前?

 でも自分の目では丸い地球を見た事ないじゃない。宇宙から写した写真を見て知った気になってるだけ。それが見える瞬間が月蝕なわけ。


月蝕=月食

 昔は「月蝕」と書きました。

 蝕む(むしばむ)という字が当用漢字ではないので今は月食を使うのですが、じわじわ欠けていく様子が食より蝕のほうが似合っているので、月蝕・日蝕を愛用しています。

タグ:空と雲

コメント一覧

ぱる子 URL (10/09 20:16) 編集・削除

gabotyanすばらしいです! 昨夜というか夕方、月の左下が欠け始めたときまさに「地球の影の輪郭」というところにぐっときてしまいました。

>でも自分の目では丸い地球を見た事ないじゃない。
>宇宙から写した写真を見て知った気になってるだけ。
>それが見える瞬間が月蝕なわけ。
↑ここんとこ、地球平面協会の方々はどういう説明してるんでしょうかね。あ、「球体でなく円盤説」で解決できるのか……?

珍獣ららむ〜 (10/10 00:48) 編集・削除

ですよねー!!!
あれが地球の輪郭だって思ったら、ほんとにドキドキする。
月蝕・日蝕はおもしろーい。

>地球平面協会の方々はどういう説明してるんでしょうかね

円盤であっても影は円いでしょうから、それでも問題なさそう。
でも、なんかもっと全然違う説明をしてそうな気がするなー。
そもそも宇宙がどうなってるかわかってないわけだから、
地球が別の天体に影を落とすなんてこと、思いつかない可能性が高いですし(ナントカ協会の人は知ってても認めないだけでしょうけど)。

インドの天文学(っていうか占星術)では目に見えない暗黒の天体(ラーフとケートゥ)があって、月や太陽と重なる時に蝕がおこると考えたらしいですよ。
なんで暗黒天体が2個必要かっていうと、
黄道に対して白道が傾いているので、交差点が2ヶ所できるからで、その交差点で蝕がおこることを知ってたからみたい。

あるいはもっと原始的に gabotyan みたいな恐ろしい生き物が月や太陽を食べてしまうって説明するのかもしれないしね。口でぱくっと食べたら円く欠けますからねー。

おフランスの洗練されたセンスで動物たちはこのようにかわいくなるザマス

ファイル 1816-1.jpeg
 とあるお店で写しました。フランスで作られた車用の芳香剤らしいんですが……ええと、なんだろうこの、何とも言えない、なんて言ったらよくわからない何かは(笑)

ファイル 1816-2.jpeg
 これは…パンダだと思うのですけど、パンダなんですよね。

 実物はもっと可愛くない感じに見えてたんですが、こうして写真でじっくり見ると、パンダはまだマシなほうで、骸骨みたいな猫とか、後ろにチラッと見えてるペンギンなんぞ、ほんとうにペンギンなのかと小一時間といただしたくなるうような突出した何かを感じるのですが、みなさんいかがでしょう。

◎珍獣様の博物誌;きわものパンダ
http://www.chinjuh.mydns.jp/hakubutu/kiwapan/00_index.htm

楽天にもあったよ…


タグ:きわぱん

台風まっただ中。とりあえず花の写真でも見てってよ

ファイル 1815-1.jpeg
 昨夜から関東も台風で大荒れです。今ちょうどピークなので気分転換に水生植物の写真など。8月に写したものだけど、まあその、固いこと言いっこなしで。


ファイル 1815-2.jpeg
ファイル 1815-3.jpeg
▲ミニスイレン 8月29日撮影
 使ってない水槽に水をはって鉢ごと放り込んでおいたら花がいくつか咲きました。咲いたその日のうちにオンブバッタに食い荒らされてしまいましたけど。なぜかミニスイレンの葉と花びらをオンブバッタが喜んで食べるので困りました。


ファイル 1815-4.jpeg
ファイル 1815-5.jpeg
▲ホテイアオイ 8月29日撮影
 スイレンと一緒にホテイアオイも放り込んでおいたら、こっちも見事に咲きました。花の命が短くて、朝咲くと夕方にはしおれてました。ちなみにホテイアオイもオンブバッタに食い荒らされて、布袋さんの腹みたいな浮き袋がボロボロでした。


 来年も咲くといいんですけど、放任主義(せわしないとも言う)なのでどうですかねえ。特にスイレンが難しそう。

タグ:植物

長野旅行:食べたものの写真

 旅行中食べたものの写真。本文は↓
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=1812


平家の里

ファイル 1814-1.jpg
▲お店はこんな感じ。ゼロ磁場から高遠の方へ降りてくると道の左手にあります。焼き肉店らしいんですが、昼間は定食やローメンを食べる人で賑わってます。

ファイル 1814-2.jpeg
▲牛スジ煮込み定食 900円(税抜き)

ファイル 1814-3.jpeg
▲すじローメン 1000円(税抜き) この店のローメンは汁ローメンでスープたっぷり。

 どちらも味付けは辛め。観光地の街道沿いの店なので、どうせ観光客騙しって思いながら入ったのですが、ちゃんとした店でしたよ。

 なお、ローメンというのは、伊那地方特有の太い中華麺で、昔冷蔵庫が発達してなかった頃に、なんとか日保ちさせようとして、蒸した中華麺を干して作ったのが最初とか。羊肉やキャベツと炒めて食べるのでチャーローメン(炒肉麺)だったのが、いつしかローメンと呼ばれるようになったそうです。


レストランひげじい諏訪店

ファイル 1814-4.jpeg
▲トマトチーズオムライス 950円(税抜き)

 こういうの出されたら、タンポポオムライスみたいに、切ったらとろっと流れてくると思うでしょ。メニューにも「切るタイプ、玉子がとろとろ〜」って書いてありました。

 が、ナイフを入れたら普通に切れました。とろとろ?なにそれ。

 日本語でオムライスといったら、オムレツ+ライスではなくて、チキンライスを玉子で包んだものじゃなきゃいけないわけで、包む部分が未完成なものは、オムライスとして未完成なんです。

 味は不味くなかったけど、以上の点で評価は最悪でしたね。カレーライスにでもしておけばよかった。ちなみにおともだちはスープカレー頼んでたけど真顔で「フツー」って言ってた。

http://higehige.jp/shop_info/higejii.php

タグ:長野