記事一覧

アイヌのイベント

 1日に、国際フォーラムのアイヌのイベント(名前を忘れた)に行ってきました。アイヌの着物やタバコ入れなどの展示、木彫りの実演などがあって、ホールでは講演会と、アイヌ舞踊、トンコリとムックリの演奏などがありました。

 おおむね面白かったのですが、講演会はこっそり抜け出してご飯食べに行ったりしてました。不真面目な客でごめんなさいって思ったけど、みんな同じこと考えてるみたいで楽器演奏と舞踊が始まる時間を狙って駆けつけた人が大勢いました(汗)

 それはともかく、アイヌ音楽と舞踊の実演はほんとに楽しかった。木幡さんという方のカムイユカラで「トゥノヤケ・レノヤケ・クトゥンケ・カムイケ・チカッポカムイ・フムフム」は特に気に入って、その場ではフシを覚えて歌えた(歌詞は見る)ほどですが、一晩寝たらすっかり忘れていてガッカリでした。今時だからCDなどないのかと探してみたけれどなさそうで再度ガッカリです。サケヘ(繰り返し)のところだけわかれば残りはノリで思い出せそうなんだけどなあ。寝る前に録音しとけばよかった。

 歌と踊りの実演も楽しいです。今回初めて聞いた曲で「バッタ・キ・リムセ」はすごい。明治の頃に、北海道でイナゴだかバッタだかが大量発生する飛蝗(ひこう)があったのを歌と踊りにしたものだそうです。リムセは踊りという意味のアイヌ語で、バッタとキは日本語だと思われます。舞い手は中腰になり、両手を後ろから前に鋭く突き出してバッタのような動作をします。よっぽど衝撃的な事件だったんだろうなと思いました。

 歌える曲、振りを知ってる曲などがいくつかありました。観客にそういう人がけっこういるようで、近くに座ってる人も聞きながら手足が動いてました。こういうのは客席で静かに聞くようなものじゃないんですよね。

 楽器の演奏に使われたトンコリは、樺太アイヌが使っていた楽器です。小さな琴のようなものを抱えて弾くもので、ギターのようにフレッドを押さえたりせず、開放弦をぽろんぽろんと鳴らして使うそうです。

 わたしが熱心にアイヌの本などを読んでた頃は、北海道のアイヌの人はトンコリをほとんどやってなかったと思うんですが、最近は演奏活動に積極的に取り入れているようです。ただ、樺太アイヌの奏法で取り入れるのではなく、新しい楽器として使っているので、アレンジはそうとう今風です。

 ムックリは北海道アイヌ古来の楽器で、竹のリードを弾きながら口で共鳴させて音を出すものです。会場にも配られて、鳴らし方のレクチャーなんかもありました。

 会場は撮影禁止だったので写真はありません。毎年やってるみたいなので、来年も覗きに行きたいです。

タグ:音楽 伝説

コメント一覧

ひろこ (11/04 16:56) 編集・削除

これじゃないかい?

http://www.ainu-museum.or.jp/takar/summary/004.html

こっちでも講演の時はがらがらで、
楽器演奏と舞踊の前にいっぱいになってたよ。

珍獣ららむ〜 (11/04 18:17) 編集・削除

笑っていいのか悪いのかよくわからないけど、
やっぱりね、といった感じ(汗)

カムイユカラは、サケヘの文句は同じだけれど、
内容はオキクルミとフクロウの神の話で違ってるみたい。
節回しもだいぶ違ってた。
でも、そのアーカイブすごいねー。
端から聞いてみるよ。

ひろこ (11/04 20:02) 編集・削除

違ったか~、残念。
検索して出てくる「ブロニスワフ・ピウスツキーが蝋管で採取した音源」というのを聞いてみたいねぇ。

こっちの「アイヌ文化フェスティバル」は、
アイヌ文化に特に興味はないけど何か面白そうだから来た、
と言う感じのお爺ちゃんお婆ちゃん達が多かったので、
終始ゆる~い雰囲気で面白かった。

隣の席の三婆は、ず~っとサクマドロップの缶を回してたよ。

珍獣ららむ〜 (11/05 14:35) 編集・削除

そういうゆるさって、大事かもしれない。
まあ、なんかいろいろあるのよ、たぶん(笑)

追悼:福田和禾子さん

http://www.kobe-np.co.jp/knews/0001507652.shtml

福田和禾子さん死去 作曲家
 福田 和禾子さん(ふくだ・わかこ=作曲家)5日午後5時52分、東京都新宿区の病院で死去、66歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取りは未定。喪主は長男匠(たくみ)氏。

 東京芸大卒。NHKの「おかあさんといっしょ」や「みんなのうた」などで数多くの曲を手掛けた。主な作品に「北風小僧の寒太郎」「そうだったらいいのにな」など。父は戦前から戦後にかけて活躍した歌手の故松平晃。(10/6 12:09)

◎福田若子さんの作品はこんな曲です
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/dbuta/database.cgi?IDv005=&IDn005=keys3&IDn006=AND&template=006-005&IDv007=&IDn007=keys4&IDn008=AND&template=007-008&keys6=&keys7=%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%92%8C%E7%A6%BE%E5%AD%90&keys5=&joinkeys11=&joinkeys8=&joinkeys9=&IDv001=&IDn001=not&word=0&print=50&INDEX=

蟹退治>入院生活一日目・その1

 病気だの、入院だのの話をしていますが、一昨年の話です。

部屋

 こうして入院生活がはじまる。わたしの部屋は六人部屋だった。ナースセンターの前で、トイレにも近い。追加料金を払うと個室や二人部屋にも入れるけれど、そのような余分なお金は持ってない。ただ、わたしは個人的に大部屋が嫌いじゃない。元気のある時に二人部屋なんかに入れられたら三日ともたない(手術後のモーローとしている時ならどうでもいいけど)。完全に個室なら別として、同室の人が少ないと静かな分かえって息が詰まる。

 部屋は真ん中が通路で、両側にベッドが三つずつ。わたしのベッドは入り口から見て左手奥の窓際。各ベッドはカーテンで仕切られている。全員が昼間からカーテンを引きっぱなし。こういうのは病院にもよるのかもしれないけれど、わたしが以前入院してたところでは、昼間はみんなカーテンをあけていて、看護婦さんなども「元気のある人はカーテン引かないのよ」なんて言ってたので、ちょっと驚いた。でも、同室の人と積極的に交流したいわけじゃないから引きっぱなしでも問題ない(部屋は暗くなるが)。

 各ベッドの脇には側台(そくだい)と呼ばれるロッカーみたいなものがある。鞄などの大きな荷物を入れる棚と引き出しがついてる。引き出しの中には小さな金庫のようなものがあって、現金などの貴重品をしまえるようになってる。引っ張り出すと小さなテーブルになる板もついてる。その台の上にテレビも備え付けてある。テレビは1000円のテレビカードを買って見るタイプ。

 入院時にすることなんて、テレビを見る以外にないから、テレビ料だけで大金をすってしまうのではないかと思ったけれど、一カ月半くらいの入院生活でカードを五枚か六枚買った程度。見てなかったんじゃなくて、見ていてこの程度だった。

入院しても楽にはならない

 入院生活は、家にいるのより楽かっていうとそうでもなかった。腹水がたまってパンパンになったお腹は手術するまで劇的には改善しないし、腹水が胸にあがってきているせいで止まらない咳も、咳止めを飲む以外に手の打ちようもなさそう。

 それでも、まったく改善しないんじゃお金払って入院する意味がない。とにかく咳がきつい。外来でもらった咳と痰の薬がろくに効かないので、仕方なく飲んでいた市販薬を看護婦さんに見せて「この薬が一番効いてます」と言ったところ、「これはぜんそくの薬でしょう?」というようなことを言われ、変な顔をされてしまう。でも、その薬がいけない理由はやっぱり説明してくんない。意味がわからない。

 とにかく「これは効きませんでした」と病院の薬を看護婦さんに渡したところ、しばらく後にナースセンターから「ええと、これは……返品?」「効かないんですって」という会話とともに笑い声が聞こえてきた。はいはい、返品ですよ、ワロスワロス←もう古い?

 結局、薬は病院から出ていたリン酸コデインを飲み続けて様子を見るということで話はまとまった。たぶん他に適当な薬もないんだと思う。市販薬がダメな理由は説明してくれないから未だによくわからない。飲むなと言われたことではなく、納得できる説明を受けられなかったことに不満あり。

 それはともかく、ナースセンターの会話はほんとうに全部まるっと聞こえてる。「それは違う」と否定したくなるようなことを名指しで言われているのも耳にした。もちろん陰口とかではなく、治療に必要な情報の伝達として話していることなんだけど、事実が通じてないのは非常に困る。支障が出そうになったら否定しておこう。聞こえているからいいようなもんで、遠くの部屋に入れられてたら、何を適当に言われているかわからないなあと思う。

何度同じことを(以下ry

 寝間着に着替えて体重など量って戻ってきた頃、看護婦さんがやってきて様々な書類を置いていった。

 入院生活や手術に向けての心構えを書いたものがいくつか。それと、治療スケジュール。この日に検査、この日に担当医から手術などの説明を受ける、この日に麻酔医から麻酔についての説明を受ける、この日から食事制限、この日に手術、翌日に歩行開始、屁が出るまで食事はダメ……みたいなことが時系列に書いてある。

 そして、またもや何かの調査票がついてた。以前どんな病気にかかったとか、身長、体重など書き込む内容は外来の問診票とほとんど同じ。わたしはこのへんで軽く切れた。「何度も何度も何度も……何度同じこと書いたら気が済む?」と、普通に聞こえる声言ったら看護婦さんがすっとんできて、カルテに書いてあることはこちらで埋めますね、と書類を持って行った。当然こっちの言ってることも聞こえるのである(笑) そりゃ、わたしだって、一度や二度なら黙って書くけどさ、婦人科外来でも、内科外来でも、外科外来でも同じようなの書かされているし、だんだんイヤんなっちゃってね。

 いちおうフォローすると、入院時に渡される調査票には、普段の生活について書く欄がたくさんある。布団に寝てますか、入浴は湯船ですか、シャワーですか、毎日入りますか、というような感じで。たぶん、入院時に生活レベルが落ちると病気を治そうという気力も落ちていくから、なるべくいつも通りに暮らせるように気を配れるようにするための調査なんだと思う。必要な部分は書き込むので、それ以外のわかってるところは埋めてきてくれるとありがたい(本当に何度も書かされていることばかりだから)。

すごい・すごく

 最近わたしは自分が「すごい」と「すごく」の使い分けができなくなっていることに愕然としてます。すごいスピード、すごい雨、すごい音、あなたはすごい……など、名詞にかかる時は「い」です。でも、すごく速い、すごくきれい、すごく疲れる、すごくややこしい、のように、形容詞や動詞にかかる時は「く」です。

 わたしは小さい頃には誰に習うわけでもなく「すごい数の星だね」「すごくきれいな星だね」と自然に言い分けていました。たぶん15、6年前から、若者言葉として「すごいきれい!」「すごいすてきー」のように、形容詞にかかる時にも「い」を使うようになって、それが面白いので、あえて「何それ、すごい小さーい!」なんて言い方を選んでしていたはず。この時点では、わたしはこの使い方が間違っていることを知っているし、たぶんまわりの人も不自然なのを知ってたと思うんです。

 ところがですね、はっと気づいたら、今は全員が、大人子どももおじさんやおばさんたちまでもが「すごいイイ服ですね」「すごいカワイイ」なんて言い方を平気でしてるんです。テレビでアナウンスの勉強をしたと思われるアナウンサーの人たちまで、素でしゃべっている時には言ってる。

 こうなると寒気がして、他人の言葉遣いをあえて直そうとは思わないけれど、少なくとも自分は昔のようにしゃべってみようと思い始めました。ところが、言葉というのは理屈ではなくリズムでしゃべるものだから、「うわー、今日はすっごい寒いー」なんて言い方がつい口から出てしまう。気温と無関係に背筋が寒いです。

 気づいてない人からすると、なんでそんなどうでもいいことにこだわっているのかと思うでしょうが、わたしは昔、このあたりの使い分けを、かなり精密にしていて(意識していたわけではなく、自然にそうしゃべっていた)、すごく健康、すごく自由みたいなものにも、ちゃんと「すごく」と言ってた。「健康」「自由」という単語自体は名詞なんでしょうが、自分は健康、自分は自由と言った時、自分という名詞を「健康」や「自由」が形容詞的にあらわしているので、すごい、ではなくて、すごく、だったんです(この説明が文法的に正しいかどうかは知らん)。「すごい健康」「すごい自由」という用法はあり得るのですが、「すごく健康」「すごく自由」とはニュアンスが違うので、使い分けてました。ところが今は全部「わたし? 元気元気、すっごい健康!」なんて平気で言ってる。これは痛い。昔は息をするのと同じようにできてた使い分けが今はできなくなってる。日本語の微妙なニュアンスの違いが自分の中で消えつつあるんですよ。恐いですねえ。

 人生を何十年もやってる自分ですらこんなんなのに、若い人の国語能力の低下なんて嘆けません。てめーのケツをふくのに精一杯です。はい。


# わたしはかつて、ちゃんと使い分けていたのに、今できなくなった、というのが恐いのであって、昔からずっと「すごい」オンリーで通してる人に、それは間違いですと言うつもりはないです。まあそういう人にはこの話題は通じないと思いますし、この程度のことを無理に通じさせる必要もないでしょう。

コメント一覧

てっちゃん (12/17 18:44) 編集・削除

分る気がします。
私自身も、油断してると「らぬき」言葉になっていることがあります。悪い事をしているわけじゃないから良いのですが。
うかつ感が拭えなくて。

珍獣ららむ~ (12/17 19:45) 編集・削除

 そうそうそうそう、そうなんですよ。ら抜き言葉も以前は間違いだとわかっていて使ってたはずなのに、今では自然と口から出てしまう。

 先日あるところで「食べることが可能である、という意味で正しいのは "食べれる" です。"食べられる" は "狼に食べられる" などの受け身の意味になるのが正しい」と言ってる若者に出会ってしまい、呆然としました。でも、悪いのは彼だけではないような気がしてる。言葉はリズムで覚えるものなので、いきなり難易度の高い応用編の言葉の海に放り込んで育てた我々大人がいけないの、ううう。

 ら抜き言葉はあくまで日本語の応用編みたいなもので、くだけた雰囲気をかもしだすための特別な言い方だったはず。なのに正しい使い方を間違いだと平然と言う人まで現れると、もう恐くて「その豚肉はまだ食べれる?」なんて言えません。言っちゃうんだけどね。

Sari (12/18 01:23) 編集・削除

ら抜き、私も、はっと気づいて一人で赤面したりします(@.@;)

「すごい」と「すごく」については、例のバリ人に鋭く突かれたときがあり、これまた赤面状態でしたが、うまく説明できませんでした~!(汗

以前、ミニストップの店内でしつこく流れていたCMソング
「しゃべれる食べれるコンビニエンス、ミニストップ!」は買い物している間中、耳について発狂しそうになりました。
あと、TVからよく聞こえた
「クジラのダンス、北の国のオーロラ、ありんこの涙、い~つかきっと見れるよね~♪」という鈴与グループのCMソング、これも鳥肌立ってました。
人のこと言えた義理ではありませんが、ああ堂々とやられちゃあ・・・

珍獣ららむ~ (12/18 12:19) 編集・削除

 わたしは詩歌の世界で使われるのは、実はそれほど気にならないんです。ミニストップの例で言うと

しゃべれる たべれる  ミニス トップ
1 2 3 4 ・ 1 2 3 4 ・ 1 2 3 ・ 1 2 3

…と、四拍子二回+三拍子二回の変拍子になっていて、このリズムが「ミニストップ」という一番聞かせたい部分をうまいぐあいに強調してます。

 前半の四拍子二回は、四文字言葉ならなんでもよいのかもしれないけれど、ミニストップは買った物をその場で食べられるように椅子とカウンターを用意しているコンビニなので、「食べられる」をアピールしたいのも理解できるんです。「たべれる」「しゃべれる」と砕けた物言いにして、気軽にちょっと立ち寄れる、いかにもコンビニらしい雰囲気も醸し出してる。わたしは良いと思います。でも、こういうのは「食べられる」が正しいことを知ってるから感じられることなんです。

 「いつかきっと見れるよね」は……うーん、こういう言い方をするととても語弊があるんだけれど、頭の軽そうな、というか天然ボケしてそうな感じの、もっと良い言葉で言ったら夢見がちな若い女の子(しかも昨今の)を連想させるためにはちょっといいですよ。クジラのダンスやありんこの涙からの続きですから。で、これまた正しくは「いつかきっと見られるよね」だと知ってるから感じられることです。

 そういう言葉遣い「も」ある状態にしておかなきゃいけないんです。「だけ」になったら恐い。

あまぞーん

 昨日の夕方に注文かけたのがもう届いたし。こういうとこ通販屋はすごいよね。amazonに限ったことじゃなく、いつも使ってるboopleなんかも早いよ。「明日買いに行こう」なんて思ってる間に届いちゃう。

ファイル 143-1.jpg

 でもやっぱり通販は通販なんだよねえ。立ち読みで中身を確認できないなんて基本的なことは別として、「在庫切れの本を注文したいんだけど、注文をかける前に確実に取り寄せがきくかどうか調べてください」なんていうのは調べてくんない。

 前からほしい図鑑が一冊あって、14000円くらいするんだけれど、通販関係のところは全部取り扱いしていなくて、唯一amazonだけは在庫はないけど取り寄せ可能商品になってる。でも、取り寄せをかけたら版元でも品切れしてる可能性は否定できないと書いてある。

 はてな人力検索のポイントが8000ポイントあるから、1000ポイントくらい残して、あとはamazonのポイントに振り替えればずいぶんお得になるはずなのよ。でも、ポイントの振り替え操作をしてから「版元品切れなのであきらめて」って言われたら、7000円分のポイントが無駄になるじゃないの。

 別の本を買えばいいというのは理屈としてはそのとおりだけど、普段はamazonなんか使わない。はてなポイントは楽天ポイントにも振り替えられるから、ほしいものができた時に楽天ポイントに変えたいわけ。

 それで、amazonに「……というわけで、事前に版元の在庫を調べていただけませんか」と問い合わせたんだけれど、注文をかけてもらわなきゃできないって言い張られちゃった。あっそう……がっかりだよ!!

 仕方ないので、はてなのポイントを楽天ポイントに振り替えて、楽天で図書カードを買って地元の書店に頼むはめに。楽天の金券屋さんは定価+取扱手数料でかえって高くつくし、送料もかかるからあまり使いたくないけど仕方ない。amazonさえもうちょっと柔軟にやってくれれば話は早いのになあ。


# 図鑑といえばほにゃららぷー関連なんですが、そこは「はてな」のような居心地の良いところじゃありません。念のため。ちなみに、もうほにゃららぷーは20世紀の思い出とともに忘れることにしました。ご心配くださったみなさんありがとう。

コメント一覧

珍獣ららむ~ (08/09 07:56) 編集・削除

 うっ、秋が……えっ、えぇぇぇ、うそー。これマジなの? 次の巻で「間違いでした、ジャン」とかじゃなくて? でも妹さんが電話かけてきてるんだよねえ……うう、気になる。13巻はいつ出るんだよ。

ふたつのスピカ12巻
http://click.linksynergy.com/fs-bin/statform?id=FUw1rzU9eEA&offerid=33310&bnid=2&subid=0&ifc=4&ifr=9784840116879

 これまでの発行状況から言って次は11月か12月かな。待てない……!!