記事一覧

うーん、もう病院行きたくない、っていうか行くのやめる

 最近、息苦しくて喉がつかえる感じがするので医者に行くことにした。町のお医者さんでもいいんだけれど、癌の術後の検査をずっとしている大学病院に行ったほうが、病歴の説明とかがめんどくさくないと……いや、うーん、なんていうか、実際にはたぶんめんどくさいんだろうなと予想しつつ、面倒がないといいなと思いつついつもの病院へ行ったわけですよ。

 で、受付で「婦人科では定期検査をしているんだけれど、持病と関係があるかどうかはわからなくて、息苦しいので受診しようと思うんだけど、何科にどうかかればいい?」と聞いたら、内科と婦人科と両方の受付をしておいて、最初に婦人科で相談して、内科へ行かなくてもよさそうなら内科をキャンセルしたらいいですよ、と言われました。

  • 総合受付で初診の手続をする。20分かかった。
  • 内科へ行き、総合受付でもらった書類を提出し、先に婦人科へ行きたいと説明したら「内科の受付がありますからお待ちくださいと言われる」
  • なんの受付なのか理解できなかったので、先に婦人科へ行くので診察カードをくださいと言うと、受付は順番にしているからと言われる(受付嬢、軽く切れ気味)。しかし、先に婦人科へ行きたいので、行きたいと言い張ったら「書類はここに入れておきますから、婦人科の受付が済んだらカードは内科にもどしてください」と念を押される。
  • 婦人科へ行く。かくかくしかじかで、検査結果を聞く以外に息苦しいなどの相談をしたいと説明する。こちらで受付したらカードは内科に持って行かなければならないと説明すると「先に婦人科へ来ることを言ってあるなら大丈夫」と言われる。
  • 20分ほど婦人科で待っていると、なぜか内科からお呼びがかかった。仕方なく婦人科でカードを返してもらい、内科へ持って行くと「これから受付をする」と言われた。つまり何か、ここでは総合受付をしたあとに科ごとの受付をすると?
  • ここまで、受付待ちだけで20分+20分=40分 とりあえず内科初診の受付は済んだ。
  • カードを返してもらい、婦人科へもどる。さきほどの者ですがと婦人科にカードを提出。
  • その後、2時間待つも順番がまわってこない。11時過ぎた。もう帰るつもりで「あと何人待ちですか」と聞いたら、内科へ行っていると思われており、順番に入れてもらえていなかった。
  • いや、もういいので帰ると何度も主張したが「次におよびしますから」と繰り返される。仕方なく受診することにした。
  • 担当医は先月で別の病院に行ってしまったので、知らん医者に検査結果の説明を受ける。なんの問題もないと言われた。そんなことはわかっているんだけれど、まあそれはよし。今日はそれじゃなくて、かくかくしかじかで……と(これを各方面で何度説明したかわからない)事情を話す。
  • 平たく言うと「気のせいだ」という意味のことを言われた(これについては後述)。
  • ここまで通算で3時間くらい。何も得るものはない。
  • 内科へもどり、キャンセルをお願いする。「手続をするのでお待ちください」と言われる。いや、キャンセルだから。何も望んでいないので、順番を取り消してほしいと言ってるだけだからと説明すると、受付嬢が「順番でお聞きしてます」と……はぁ?
  • 内科は患者さんが多いので、受付にも人が数人いるのですが、他のお姉さんが心配げにしてくれるものの、初診受付はその人が全部やっているそうで、わからないとあやまられる。
  • やっとキャンセルしてもらい、会計に行くが、当然そこでも順番待ち。

 ごめん、もう限界だ。会計の整理券を投げ捨てて、そのまま帰りました。お金払ってない。いや、住所も氏名も当然わかっているので、診察料はのちほど請求されるんだけど、可能なら本当に踏み倒したい。

 婦人科の医師は、「癌の転移とかなら腫瘍マーカーに出るし、物理的に何かできてるとかなら夜も苦しいはずなので、心配する必要はないと思います」と言うんだけれど、それは癌の転移という観点で見た時の話でしょう。で、それと関係があるかどうかすらわからないので相談してるのに患者に丸投げで「あとはどこまでするかですよね。レントゲンとか、MRIとか、内視鏡とか……どうなさいます?」だって。あのさあ、そんなんわかったらオマエに聞かずに「胸苦しいからレントゲンとってくれ、心電図と肺活量とかも調べてくれる?」って検査法まで指定してこっちから頼むんだよ。でも、わかんないから聞いてる。

 正直、頭が良すぎて馬鹿な人とはつきあいたくないので「いらん。どうせまた検査に来るから(いや、来ないけど)その時でいい」って全部断った。

 素人判断でこういう病気じゃないかって予想立てるの好きじゃないので言わなかったけど、たぶん息苦しいのなんのっていうのは更年期障害の症状だと思うんだよね。卵巣ないから生理があがってるのと同じ状態になってるわけでしょう。

 胸から喉にかけて圧迫感があって、唾のような少量の水分を飲もうとするとなぜか飲み込めずに息ができなくなり、そのくせ飲食にはまったく影響がなかったりする。少し長いフレーズをしゃべろうとすると途中で息継ぎできなくなってウグッとなる。いわゆるヒステリー球ってやつじゃないかと。でもそれは素人判断なので、専門家の目でどうすればいいか聞きに来てるんだけどさ、婦人科で、卵巣ないことまで知ってて、そんなの気のせいってつっぱねられてしまうんだね。

 ようするに死ななきゃそれでよくて、その後はどうでもいいみたい。だったら望むものはなんにもないのでもう行かない。金と時間の無駄ー。わたしの半日を返せーっ!!

コメント一覧

薬師 (04/14 14:41) 編集・削除

お疲れ様でした。

気のせい・・・氣が原因だから半夏厚朴湯でも使おうかなって意図だったりして??(^^ゞ

珍獣ららむ〜 (04/15 06:55) 編集・削除

きっと「まだ治らない」っていうと、教科書通りにツムラの顆粒剤が出ると思います(笑)

ジュン (06/13 10:30) 編集・削除

こんにちは。初めまして。
ブログ楽しく拝見させていただきました!

実は私も最近、喉が詰るような感じがして息苦しいです。
お腹が痛くて婦人科に行った時、筋腫があると言われ
来週、いろいろと詳しく検査する予定です。
その時は喉の詰った感じも息苦しさもなかったのですが
病院へ行った後の2,3日前からこんな症状が出てきました。
そこでネットでいろいろと検索していたら
こちらにたどり着きました。

その後、体調はいかがですか?
症状はなくなりましたか?
私もホルモンのバランスからくるものか
精神的にいろいろ心配してからのものなのか
(自覚はまったくないのですが・・)

どうぞお大事になさって下さいね。

珍獣ららむ~ (06/13 16:55) 編集・削除

 ジュンさんこんにちは。おかげさまで腫瘍そのものは再発もせず、なんともなくすごしています。

 わたしはというと、息苦しさやのどのつかえ、胸の圧迫感は直っていません。本文に書いた病院にはお金を払いに行っただけで診察などは受けていないのですが(予定通りに行くとしても次回は8月ですし)、一ヶ月くらい前にインフルエンザにかかり、咳と痰がつづくので、町の内科医に胸のレントゲンをとってもらいました。水がたまっているとか、陰があるとかの異常はないと言われました。

 そんなこんなで、わたしの場合は、やはりホルモン異常なんだろうとは思います。ホルモンの異常だとしても、たぶんストレスは関係してまして、たとえば細かい作業をしていてイラっとするような、些細なストレスが引き金になって「暑い、息苦しい、のどがつかえる、ぎゃー」となることがあります。継続した悩みばかりが原因とは言えません。病気への不安は十分に引き金になると思います。

 ただ、最初から気のせいで片付けるのはよくないので、息苦しいなどの症状も医師に告げてください。今日たまたま読んだ本に「ときどき息ができなくなる」という症状を訴えて検査してみたら肋膜炎で肺に水がたまっていた、という人の話が出てきました。

 とにかく、まずは検査を頑張ってください。病院は、おおむね親切にはしてくれるんですが、些細な部分で患者目線が足りないんです。他科をまたぐような検査をすると、行く先々でそっくり同じことを何度も聞かれ、同じ内容の問診票を繰り返し書かされ、なんの罪でこのような取り調べを受けるのかという気持ちになりますよ。さらに薬でも出た日には、薬局でも同じことを聞かれますから(苦笑)

 昼食をとる暇もなく何時間も待たされたあげく「なんでうちの科に回されて来たんだ」と医者に逆ギレされたりもするので、ムカついたら「オマエはひっこめ、別の医師に変わってくれ」ぐらい言ったほうがいいです。

 すみません、アドバイスが過激で(笑)
 というわけで、お大事になさってくださいねー。

三郷市方面についてのいろいろ(虚空蔵さんご開帳とか)

ファイル 669-1.jpg

 彦倉(埼玉県三郷市)の虚空蔵さんのご開帳を見に行った。たしかにご開帳はされてたけれど、本堂の扉はあけてくれてないので何も見えなかった。

 本堂の中に入ってる人もいたけど、誰でも入れる感じじゃなかった。11時と14時に護摩法要をするらしいので、ひょっとしたらその時に本堂が開くのかもしれないけれど、正確なところはちょっとわからない。

 とにかく、どういう決まりで参拝できるのかサッパリわからない。わりと信仰心が薄いのでどうでもよくなって帰ってきてしまった。ちなみに、写真に写っている五色のリボンはご本尊様に直接つながっている……はず(見てないけど)。

 土日は歌謡ショーとか演芸とかがあるので人も大勢来るし、もしかするともっとわかりやすくなってるかもしれないです。でも、個人的にはショーとかどうでもいい。


以下はチラシに書いてあること。

  • 10日(金)〜13日(月)まで
  • 各日11時と14時に護摩供養
  • 11日(土)の12時30分からお稚児行列(彦倉集会場発)
  • 12日にプロ歌手等のショー
  • 11,12,13日、演芸、アトラクションの催し
  • 各日とも10〜16時まで開催

 なお、このお寺のまわりでは、かつては鰻を食べなかった。古利根川(今の中川)が氾濫して洪水になった時、虚空蔵さんのお使いである大鰻が現れて溺れる村人たちを救ったという言い伝えがあるから。

 なぜ鰻が虚空蔵さんの使いかというと、たぶん丑年に鰻を食うのと同じりくつで「う」が付くから……なのかな。虚空蔵さんは丑年と寅年の守り本尊です。

◎うなぎ供養のお寺、彦倉虚空蔵尊
http://www.unagino-otera.or.jp/
ご開帳は月曜(13日)まで。

 最寄りのバス停は飯島興業の「彦倉一丁目」で、三郷中央駅か三郷駅(南口と西口)からバスが出てます。本数は一時間に1〜2本程度。

 1kmくらい歩くとピアラシティというショッピングモールがあり、そこからだと三郷駅行きのバスがけっこうあります。中川を背にして歩いてください。田んぼの中の道をつっきると高速道路が見えてきます。その向川にイトーヨーカドーとかビバホームとかがあるので、そこがピアラシティです。


ファイル 669-4.jpg
▲松尾大明神
 寺の門前に、亀に乗ってる松尾大明神(まつのおだいみょうじん)の石像があるのは、ひょっとしたら見所、なの?←よくわかっていない。三十番神といって、毎日ひと柱の神様が交代で守り、一ヶ月で一巡するというもので、その十三番目の松尾大明神が虚空蔵さんと同一視されることがあるらしいです(ウィキペディアだと三十番にあたってるけど)。十三に意味があるから、月曜なのにわざわざ十三日までやるんじゃないのかな、と思ったりします。


ファイル 669-5.jpg
▲力石。持ち上げた人の名前が刻んであったりする。たぶんこういうのを転がしておくと「こんなの持ち上げるツワモノがいるのか!」ってなって、悪いヤツが襲れて逃げていくという趣向なんだと思われます。

ナントカ権的にアレな感じの作品

ファイル 669-2.jpg
 三郷市某所の石屋さんにて。この写真には写ってないけど、別の場所にスーパーサ○ヤ人もいた。かなり出来がいい。

桜(ピアラシティの近く)

ファイル 669-3.jpg
 昨日今日の陽気で一気に散ってしまった。

酒井、栄、境木

 三郷市って変わってる。歩いて簡単に回れるような狭い範囲に「さかい」「さかえ」「さかいぎ」という地名があって、どれも字が違ってる。バス停なんか、酒井入口の次が境木だったりするし、すぐ近くを走っている別の路線には栄○丁目とかがあって、とてもまぎらわしいんです。

 はげしく妄想すると、そのあたりに何かの境界線があって、木が立ってたんじゃないかと思うんです。境木という地名がその名残じゃないかと思います。

 村が広がるかなにかして、境界線の意味がなくなると「酒井」という字を当てるようになり、酒井に行ってくるという意味で「さけぇんとこいいってくらぁ」などと発音すると、「さかえ」になって、栄という縁起のいい漢字を当てるようになったのではないかと……

 妄想ですよ、妄想。どうやって調べると裏が取れるのかわかんないんだもの。

彦の謎

 三郷市はけっこう不思議なんですよ。川沿いに彦糸、彦音、彦成、彦名、彦川戸、彦野、彦倉、彦沢……など「彦」のつく地名が異様に多いんだけど、それも理由がよくわからない。

 それらがすべて彦成村の一部だったらしいんですが、だからって大字に彦をつけなきゃいけない理由になるでしょうか。彦を強調するもっと積極的な理由がありそうな気がします。

# 書いてて気づいたけど、彦糸と彦音も、きっとどっちかが訛っただけですね。例によって隣接しているし……

高洲なのか高須なのか、ついでに鷹野も謎なんです

 そういえば、高須なのか高洲なのかってのもあるんですよ。現在の地名でいうと高洲なのに、バス停だと高須になっていたり。隣接して鷹野っていうのもあるんですが、google map で地形図を見ると、高洲から鷹野あたりは戸ヶ崎あたりより土地が高くなっているようなので、洪水でも沈まない土地の意味で「高洲」や「高野」で、それが鷹の字に書き換えられたり、州じゃなくて須になったりしたのかな、と思ったりするんですが、これも妄想です。

タグ:伝説 地元(葛飾周辺)

コメント一覧

Goudeau (04/11 02:25) 編集・削除

「彦」の字を眺めてゐると、なかに川の字のやうな三本線がありますな。この三本が三郷の「三」と関連してたりしてネ。いや妄想ですけどネ。

薬師 (04/11 10:15) 編集・削除

柱に繋げるのは五色布と思っていたら、今日の朝テレビで長野善光寺のご開帳を映していて、それは白色の1色でした、解説まではしていなかったのでちょっと知りたいところです。

善光寺ホームページより

回向柱(えこうばしら)

前立本尊さまの右手の金糸は、五色の善の網を介して、本堂前の回向柱に繋がっています。
この柱に触れることで人々は如来さまと直接ご縁を結ぶのです。

Sari (04/11 19:38) 編集・削除

行ってみました、虚空蔵さん。
ピアラシティーの帰り、1時間に1本のバスが3時台はそれさえもなく、仕方なくで、ちょっと申し訳ないお参りでした。

本堂の周囲に焼きそばなどの屋台が数店出ていました。
なぜか五色のリボンはありませんでしたよ。
本堂の中は人でいっぱいで、とても仲間入りは出来そうにない感じ。
舞台は設えてあったけど、始まりそうもないのにオバサン方が半分くらいの席に陣取っておやつ食べたりお喋りに夢中。
お寺で演歌ってのもちょっと不思議な(^^;)

真夏のような暑さと強風でボーッとして、松尾大明神はちらりと見たけど
力石は気が付きませんでした。

珍獣ららむ〜 (04/12 09:30) 編集・削除

>Goudeauさん
 三郷という名前そのものは、早稲田村、彦成村、東和村の三村が合併してできたから、らしいですが、水路の多いところなので、地名にも川のような流れがあるのかもしれないですぞ。


>薬師さん
http://www.gokaicho.com/
 あらほんと、トップの写真には五色の布はないですね。白い紐が風になびいてる。

 そういえば浅草寺の御前立本尊様のご開帳の時は、回向柱まで距離があるから直接五色の布が繋がっているわけじゃなかったですよ。細い紐(色は覚えていない)が本尊様と回向柱を結んでいて、その紐に五色の帯が繋がってました。


>sariさん
 えー、五色の布はなかったんですか。なんでだろ。やっぱり土曜日は賑やかだったんですね。今日もあっちのほうへ行くので見てきます。

 あの辺は、バスが少ないんですよね。飯島興業は一時間に二本あれば運がいい感じだし(それでも亀有から三郷中央へ行くバスよりはマシだけどw)。

 ピアラシティまで、遠く見えても1kmくらいなので、
そこまで歩いたら三郷駅へも、三郷中央駅へも
バスの本数がもうちょっとあると思います。川沿いを歩かないで東(中川と反対側)へ向かうのがコツなんです。

 金町・亀有・綾瀬あたりへ帰る場合、三郷駅から電車(新松戸で乗り換える)を使ったほうが安くて早いかもしれません。

珍獣ららむ〜 (04/12 22:29) 編集・削除

 行ってきました。日本舞踊の発表会みたいなのがあったりして、それなりに賑やかでした。

 大護摩法要の時間になると、大勢がわらわら本堂の中に入ってましたが、やっぱりどうやったら本堂に入れるのかわからんかったです。

 誰でも入れるようにも見えなかったので、たぶんご祈祷を(しかも事前に)頼んだ人が入れるんだろうなとは想像するんですけど。

 スタッフらしき人がいるので聞けばいいのかもわかんないですけど、なんていうか、そこまで真剣に見たいというわけでもないし……うーん、その、なんだ、ほら、地元民だけのお祭りかもしれないって思うと、空気読んで遠慮すべきか、なんてことすら考えてしまうわけなので。それならそれで少しも文句はないんですが、意味がわからないのはかなりイライラする、かも。関東三大なのにねー。

 なんていうか、そういう経験を重ねるたびに強く感じることは、田舎というのは首都からの距離で決まるのではなく、情報の取り扱い方の問題じゃないのってこと。

 よく、都会の人を田舎に受け入れようって土地や家を売ったはいいけど、都会もんはぜんぜんとけ込んでくれないとか、逆に田舎の人は少しも仲間に入れてくれないとかで、結局うまく行かない、なんて話があるじゃないですかー。ああいうのも、ちょっとした行き違いがどんどん溝を深く広くしてるんだろうな……なんてことまで考えてしまったりね。

Sari (04/13 00:06) 編集・削除

地方の農村部とか漁村部って、決して排他的ではないのだろうけど、
今ひとつ気が利かないと言うか、今までのやり方しかしないというか出来ないというか
(役場がからんでいるとまた別かも)
そのくせ新参者には興味津津なのに・・・
そして新参者のほうは、他所者の気ぃ使いまくり、で説明や表示を当てにして、声かけられないと遠慮してしまう。

地方でも都会では他所からきた人も多いわけで、致せり尽くせり分かりやすい情報があふれているし、何より人が気さく。
↑こんな場合ならきっと、「どーしたの? あ~入りたいのか、じゃあこっちからね」とか「あ、本堂は講の人だけだよ」とか声掛けたり、関係者のみとか紙がベタッと貼ってあったりしますよね。

まぁ私のような、イベントのときしか来ないようなのはどーでもいいのかもしれないけど(笑
でも私もちょっと本殿に入りたかったです。御開帳って万民のためのものですよね。

戸が崎神社の説明してくれたおじさんたちはきさくで親切だったけどね。
あっちのほうが都会なんでしょうか(^^;

珍獣ららむ〜 (04/13 06:26) 編集・削除

 そうそう、戸ヶ崎のお祭りは、慣れた感じがしますよね。舞の内容を説明するパンフレットが用意されていたりして。文化財に指定されているのと、毎年開催されるのとでこなれているのでしょう。

 彦倉のご開帳は十二年に一度なので、やり方が改善されにくいのかもしれないですねー。

珍獣ららむ〜 (12/17 01:41) 編集・削除

超亀コメントなんですが、鷹野については、徳川家康が鷹狩りのおりに通ったという由来があるそうです。図書館で地名の由来辞典のようなものを読みました(タイトルは忘れましたが)。

『核と女を愛した将軍様』

核と女を愛した将軍様
2006年初版

 本は新しいけれど、金正日の料理人をしていた藤本健二の手記なので内容は1982〜2001年頃のもの。食べ物の話が多く、高英姫夫人や、夫人との間の三人の子供達など、ロイヤルファミリーの話が多い。一時期、日本のニュースでも有名になった金玉(キムオク)という女性秘書の話も出てくる。

 料理人の立場で見たものを書いているだけなので、政治的な話はあまりパッとしない。タイトルは「核と女」なのに、核兵器については「持たないと他国に襲われる」という金正日の言葉と、途中にシャッターがあって進めない秘密のトンネルをみつけたという話だけで、大したことは書かれていない。




 藤本氏は、北でも、日本に一時帰国していても、自分は監視されていて、本格的に北を離れた今ですら、いつどこから狙われるかわからない、と話しているわりに、金正日の家族と過ごした時のことを、とても懐かしそうに書いている。

 藤本氏が描く金正日は家庭的で人のいい金持ちのオッサンだ。もしかすると言葉の壁というフィルターを通すからそう見えるのかもしれないが、なんにせよかなり好意的に書いており、一時期は金正日を本気で尊敬していたとすら言っている。

 それでも逃げ帰って来たのは、些細なことで粛正されるかもしれないという恐怖からなんだろうか。拉致被害者でないこともあってか脱出はアッサリしたもので、買い付けに出かける飛行機の中で、キャビンアテンダントに手紙をわたし、機長を通じて日本の警察に連絡をとったとある。

 申相玉と崔銀姫の手記に、1983年に安山閣で日本人の料理人を見たという話がある。藤本氏の他に、日本料理の板前がいたそうなので(これが誰かは明らかにされていない)、申相玉が見たというのはその人である可能性もある。

 藤本氏は安山閣で崔銀姫を見たと書いている。1992年に、安山閣ではなく秘書棟の八階とあるから党施設だろうと思うんだけれど、そこで金正日のために寿司を握っていると、その席に拉致された女優の崔銀姫がいて、金正日にチョコレートを食べさせてあげていた、と。

 藤本氏の本は図書館にもう一冊あるので予約中。北朝鮮本はけっこう人気があって貸し出し中が多い。北での実体験を綴ったものを読みたいので、次は忘れなかったら『私は金正日の「踊り子」だった』あたりを借りてこようと思う。

タグ:北朝鮮

違いのわかる人を目指しましょう

白いヤナギはこっち

 去年さんざん、白い柳の話をしたので、葉が白いって書くと脊髄反射で「ああヤナギね」っていう人が身近にいるんですが、昨日のチャンチンは、ヤナギじゃないです。正直、見て分かってほしい感じがする。全然違うでしょうが。
ファイル 668-1.jpg
▲2009年、今年の白い柳。新芽は最初から白い。これが初夏になると一度落ちてしまい、あとから緑色の葉が改めて出てくる。
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=298
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=301


↓チャンチン
チャンチン
うちの読者なら見分けてくれ(笑) 名前は覚えらんなくていいんです。上と下の違いくらいわかれ
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=299

タグ:葉が白い

八潮市のマンホール

 近頃は、マンホールも綺麗なのが増えて、絵が入ってるのなんかあたりまえなので、あまり注目はしていなかったのですが、たまたま目に付いたのが「綺麗で目立つけど実用的っぽい?」だったので写してみました。葛飾にびみょーに隣接している埼玉県八潮市のものです。

ファイル 666-1.jpg
▲水道しきり弁:この図案は弁の形をデザインしたものなんでしょうか? 青く塗ってあるのでよく目立つんですが、イラストじゃなくアイコンみたいにしてあるので面白いなあと。

ファイル 666-2.jpg
▲水道しきり弁(旧式):古いのはこんな目立たない文字だけのやつ。

ファイル 666-3.jpg
▲これは消火栓。三郷市にも同じデザインのマンホールがあった。ここまでイラストにしちゃうと、なんか違うんだよって思うんだけど、一目でなんだかわかるという点では実用的ですね。# 消防車の右上にある小さな丸いマークは三郷市の市章でした。撮影したのは八潮市内(たぶん)の、すっころぶと三郷市に滑り込めそうなところなので、三郷市が設置したのでしょう。

ファイル 666-4.jpg
▲雨水用のマンホール。八潮市の木はイチョウ、八潮市の花はクチナシ。デザインが用途と関係ないので個人的にはポイントが低い。

◎八潮市
http://www.city.yashio.saitama.jp/www/contents/1170988481776/index.html
ついでに言うと市の鳥はハクセキレイだそうです。

タグ:地元(葛飾周辺) マンホール

コメント一覧

インチョキ堂 (05/14 17:31) 編集・削除

こんにちは、はじめまして、
仕切弁について、
たしか、マークはやしおツリーって名前で
デザインは、市の職員がデザインしたと聞いています。

旧型の仕切弁の○は八潮市の市章が磨耗して○担ってしまいました。20年以上前のものです。

旧型と八潮ツリーの間にブルー系の色のデザインのものがあったと思います。

珍獣ららむ〜 (05/15 10:53) 編集・削除

インチョキ堂さんこんにちは。
仕切弁は他にもあるんですか。今度探してみます。


やしおツリーってこれですね。
http://www.city.yashio.lg.jp/www/contents/1170989172378/index.html
なーんだ、仕切り弁のデザインじゃなくて、
八潮市のシンボルマークだったのかー。
でもこのマークは洒落てますね!