記事一覧

超単語:アイヌ語編

 君もアイヌ語単語を死ぬほど覚えて脳細胞の無駄遣いにレッツトライだ!! というか、作ってみたのでいちおう貼ってみる。


マニュアル

 クリックって書いてあるところをクリックすると目隠しが消えて日本語訳が表示される。もう一回クリックすると目隠しが表示され、別の単語になる。アイヌ語を見ながら日本語訳をブツブツ答え続ける。死ぬほどやって覚える。バンザーイ。

 アイヌ語って書いてあるところをクリックすると、目隠しの位置が移動するので日本語訳を見ながらアイヌ語を答える。クリックって書いてあるところをクリックすると目隠しが消え、もう一度クリックすると単語が変わるのはさっきと同じ。クリックしつづけて超答え続ける。バンザーイ。

 登録されている単語やフレーズは今のところ名詞が中心で180語くらい400語くらい。わたしが入門書を読み進めるにしたがいもっと増える予定、多分。 このあとハードディスクをすっとばしたり、いろいろあって自分でも忘れてたごめん。

 ちなみにこのflashデータは辞書部分を書き換えると何語にでも使えたりする。辞書はエクセル等の表計算ソフトでわりとたやすく作れるようにしてあるので、そのうち別の言葉を死ぬほど覚えたくなったら作るかも。

言い訳

 品詞(他動詞とか名詞とか)は活用(人称変化くらいしかないけど)を覚えるのに必要なので頑張ってみたけど間違ってたらごめん。

 知人に見せたら発音も出たらいいって文句言われた。知るかヨそんなん、自分用に作ったんだからサァって言いたいところだけど、アイヌ語のアルファベット表記はほとんどローマ字読みなのになんでいちいちカナをふる必要がないんだよ。

発音(いちおう規則を書いてみる)

 基本全部ローマ字で読んでいいんだけど、一部独特の読みがあります。

cは、chの発音で読む
 cape チャペ
 kocari コチャリ

母音をともなわないsは、軽くiを添えた感じで読む。
 us ウシ
 as アシ
  usi ウシ、asi アシとは別の発音

母音をともなわないrは直前の母音を軽く添えて読む。
 kisar キサラ
 terke テレケ

w はウの発音
 inaw イナウ 
  母音のあとにウが来るときは w で書く。×inau ○inaw

y 母音を伴わない y はイの発音で。
 kamuy カムイ
  母音のあとにイが来るときは y で書く。×kamui ○kamuy

tu はトゥです。昔の本でト゜と書いてあるのもトゥ(tu)です。特別な発音はないはず。
 tupesan トゥペサン

  • tk- は、耳で聞くと日本語の促音のように聞こえる。日本語の法華や脚気と同じではなく、ッのところで舌先を前歯の裏につける感じで。語尾の -t も同様に。
  •  otke オッケ
     katkemat カッケマッ

    • kt- は、耳で聞くと日本語の促音のように聞こえるが、「レッテル」や「知ってる」ではなく、「サッカー」のサッのところで止めた感じで。
    •  rekte レッテ(レクテ)


       たぶん検索かけたらもっとまともな解説ページくらいあるんじゃないのかって思うんだけど、なくてもわたしに期待してはいけません。10年くらい前にかじったことがあるだけのど素人です。

      タグ:flash練習

千住の地口行燈(最終回)

 北千住の地口行燈、掲げている場所が少なくなってきたので今年はこれで最終回です。残ってるのは難解で検索してもよくわからなかったのばかり。頭を悩ませてみてください。


ファイル 498-1.jpg
左:ゑん日でかつたかやじ|右:おはぎのはしは長けれど
元句:???|元句:???

 左は語尾の小さい「ゃ」が消えてますが「縁日で買った蚊帳じゃ」ですかね。でも元句はさっぱりわからない。

 右は「おはぎの箸は長けれど」で、長い箸でおはぎをつまんでるから読み方は合ってると思うんだけど、これまた元句がさっぱりわからない。


ファイル 498-2.jpg
左:達磨灘のミづ|右:?木ほるなもねへものだ
元句:播磨灘の渦|元句:???

 左は写真のアングルが悪いので読みにくいけど、たぶん「達磨灘の水」だと思います。播磨灘(鳴門海峡)の渦潮のことを言ってるっぽいです。

 右は、漢字の崩れたのが読めないけど「植木ほるなもねへものだ」ですかね。植木を掘るなって言われたってさぁ、って感じでしょうか。でも元句がわからない。


ファイル 498-3.jpg
左:?見は坊主がいい|右:なんたらぶちぢやゑゑ?
元句:上見りゃ方図がない|元句:???

 左は、これも漢字のくずれたのがよくわからないけど、元句がたぶん「上見りゃ方図(ほうず、際限)がない」なので「梅見は坊主がいい」でしょう。

 右がさっぱりです。読み方が合ってるのかすらわからない。斑犬が歩いてるから、ぶちについて書かれていることは間違いなさそうだけど。

オマケ

ファイル 498-4.jpg
子どもはハゼの子、大人はきの子

ファイル 498-5.jpg
くまのみみを見物

タグ:地口行燈 地元(葛飾周辺)

コメント一覧

Sari (11/13 04:45) 編集・削除

「植木掘るなもねえものだ」かしら、元句は分からないけど。

「なんたら(?)節じゃえ々」かな~。端唄・小唄のたぐいかも。

Sari (11/13 04:57) 編集・削除

おはぎ・・・のほうは「けれど」が元句のままだとしたら
都都逸かも知れませんね。

珍獣ららむ〜 (11/13 07:11) 編集・削除

都々逸と端唄かー。
こうなると元句を探すのはほんと大変!

ひろこ (11/13 10:02) 編集・削除

植木は字面を見てると「ほれたはれたもないもんだ」
と言うのが浮かんだんだが他は見当も付かない。

珍獣ららむ〜 (11/13 15:01) 編集・削除

 足立区が作った郷土資料に「地口行灯の世界」というのがあったので、図書館で見てきたよ。よっぽど借りようかとも思ったけど、これを読んでしまうと来年あたらしいのを見た時に「もう知ってる」ってなってしまってつまらないのでやめといた。

 必要なところだけ拾い読みした結果新事実が!!


ttp://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=450
お傘をかついで千鳥足←お笹をかたげて千鳥足(十日戎の端唄)


ttp://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=454
鯛はいいもの使いもの←旅は憂いもの辛いもの


ttp://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=471
大黒はあったかい←大福はあったかい
↓こちらの解説によると食べ物の大福ではないとのこと。出典が明確ではないので疑問は残るそうですが。
http://hyszem.exblog.jp/4533412/


ttp://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=498
縁日で買った蚊帳じゃ←千日で刈った萱じゃ
(千日で刈った萱を一日でダメにするというたとえ)

おはぎのはしは長けれど←矢矧の橋は長けれど(端唄)

× 達磨灘の水
○ 達磨瀧の水←鳴るは瀧の水(能楽『安宅』の弁慶のセリフなど)

なんたらぶちじゃええ←なんたら愚痴じゃえ(出典不明)

×植木ほるなもねえものだ
○枯っ木ほるなもねえものだ←???


「植木」は郷土資料の解説をしてる人も元句がわからなかったみたいなので植木の可能性も捨てられないですが。

u -e- ki ho-ru-na mo うえきほるなも
ka-re-ki ho-ru-na mo かれきほるなも
ho-re-ta ha-re-ta mo ほれたはれたも

 「ほれたはれたも」は若干くずれすぎてる気がするけど、けっこう近いかも?!

Sari (11/13 19:37) 編集・削除

大福・・・こじつけだけど、こんなのがあるから
http://blogs.yahoo.co.jp/hiropi1600/53990130.html
大福帳に、ご宝印が押してあるかな?」という意味で
大福はあったかい? なんちゃって。でもこれ京都のお寺ですよね。
江戸でもご宝印って押してもらっていたのかしら。

あったかい、って温かいの意味もあるのかな・・・

珍獣ららむ〜 (11/13 20:16) 編集・削除

じゃあ「大福ありがたい」でどうだろう。
大福餅をもらってありがたい、かもしれないし
大福(大きな幸運を授かって)有り難い、かもしれない。

これまでの説
・大福(餅が)あったかい?
・大福(餅が)温かい
・大福(帳にご宝印が)あったかい?
・大福(幸運な人の懐は)あったかい(豊かだ)
・内国博覧会

 でも、大黒と大福では方向が同じなので、ひねりに欠けますね。するとやっぱり、内国博覧会なんだろうか?

Sari (11/13 20:36) 編集・削除

○木ほるなもねへもんだ
枯れ木だとすると「花咲か爺」を連鎖しますが・・・
だとすると元句なしでそのまんまですね(汗

珍獣ららむ〜 (11/13 21:02) 編集・削除

「○木ほるなも」は、○の部分が

木ホ
 つ

となっているところがポイントで、
ホは古の崩し字の縦棒が長すぎるやつだとすれば、
「枯っ」ですよね。
発音は「かれっき」にならなきゃいけない。
わざと詰まる音が入っているので
元句もそうなってるような気がします。

でも植木だったら話は別なんですよね。

珍獣ららむ〜 (11/14 00:59) 編集・削除

「なんたらぶちぢゃゑ々(なんたら愚痴じゃえ)」は
長唄ですね。
なんだらくちだへ 牡丹ももたねど 越後の獅子は
http://homepage3.nifty.com/nagauta/nagauta1.htm
語尾が「ゑ々」になっているのは
Sariさんのにらみ通りで長唄の口まねなんでしょうね。

巨人のサッカーボールは地球儀に?!

 まずはお店のメモから。新しくできる店、できた店、閉店しちゃった店など。

葛飾図書館のそばに木曽路

 水戸街道沿いを、葛飾図書館の前から亀有方面にちょっと行ったところ北側にしゃぶしゃぶの木曽路ができるようです。現在工事中で11月25日オープンと大きな看板が出てました。
ファイル 496-1.jpg
http://www.kisoji.co.jp/

 このあたりって、ちょっと前まで大きなお蕎麦屋さんか何かありませんでしたっけ?

足立区中川(ほぼ亀有)にインド料理店ニサン

 11月4日に開店したばかりだそうです。わたしはまだ入ったことがありません。店の前でメニューを見てたらお店の人が100円引きクーポン付のチラシをくれました。 
ファイル 496-2.jpg

ニサンインド料理
東京都足立区中川4-33-5
 ほぼ亀有です。駅から環七沿いに大谷田方面へ歩いて行ったところ。

営業時間
 ランチ 11:00〜17:00
 ディナー 17:00〜23:00

ランチセットは700円〜
ディナーセットは1200円〜

ファイル 496-3.jpg

西水元の飯笹豆腐店が閉店してた

 住宅街の中にある小さな豆腐屋さんで、かなり昔からあった店だと思います。最近まで元気にお店をやってたような気がしたけれど、9月15日で閉店って貼り紙がありました。気づいたのでメモ。東京都 東京都葛飾区西水元2丁目14-20

巨人のサッカーボールが地球儀になっていた!!

巨大なサッカーボール
▲2008年4月11日、サッカーボールだった球体は……

ファイル 496-4.jpg
▲2008年11月11日、地球儀になっていた!!

◎謎の球体関連記事
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=289

球体を集めてみた




タグ:地元(葛飾周辺) たべもの屋

アイヌのイベント

 1日に、国際フォーラムのアイヌのイベント(名前を忘れた)に行ってきました。アイヌの着物やタバコ入れなどの展示、木彫りの実演などがあって、ホールでは講演会と、アイヌ舞踊、トンコリとムックリの演奏などがありました。

 おおむね面白かったのですが、講演会はこっそり抜け出してご飯食べに行ったりしてました。不真面目な客でごめんなさいって思ったけど、みんな同じこと考えてるみたいで楽器演奏と舞踊が始まる時間を狙って駆けつけた人が大勢いました(汗)

 それはともかく、アイヌ音楽と舞踊の実演はほんとに楽しかった。木幡さんという方のカムイユカラで「トゥノヤケ・レノヤケ・クトゥンケ・カムイケ・チカッポカムイ・フムフム」は特に気に入って、その場ではフシを覚えて歌えた(歌詞は見る)ほどですが、一晩寝たらすっかり忘れていてガッカリでした。今時だからCDなどないのかと探してみたけれどなさそうで再度ガッカリです。サケヘ(繰り返し)のところだけわかれば残りはノリで思い出せそうなんだけどなあ。寝る前に録音しとけばよかった。

 歌と踊りの実演も楽しいです。今回初めて聞いた曲で「バッタ・キ・リムセ」はすごい。明治の頃に、北海道でイナゴだかバッタだかが大量発生する飛蝗(ひこう)があったのを歌と踊りにしたものだそうです。リムセは踊りという意味のアイヌ語で、バッタとキは日本語だと思われます。舞い手は中腰になり、両手を後ろから前に鋭く突き出してバッタのような動作をします。よっぽど衝撃的な事件だったんだろうなと思いました。

 歌える曲、振りを知ってる曲などがいくつかありました。観客にそういう人がけっこういるようで、近くに座ってる人も聞きながら手足が動いてました。こういうのは客席で静かに聞くようなものじゃないんですよね。

 楽器の演奏に使われたトンコリは、樺太アイヌが使っていた楽器です。小さな琴のようなものを抱えて弾くもので、ギターのようにフレッドを押さえたりせず、開放弦をぽろんぽろんと鳴らして使うそうです。

 わたしが熱心にアイヌの本などを読んでた頃は、北海道のアイヌの人はトンコリをほとんどやってなかったと思うんですが、最近は演奏活動に積極的に取り入れているようです。ただ、樺太アイヌの奏法で取り入れるのではなく、新しい楽器として使っているので、アレンジはそうとう今風です。

 ムックリは北海道アイヌ古来の楽器で、竹のリードを弾きながら口で共鳴させて音を出すものです。会場にも配られて、鳴らし方のレクチャーなんかもありました。

 会場は撮影禁止だったので写真はありません。毎年やってるみたいなので、来年も覗きに行きたいです。

タグ:音楽 伝説

コメント一覧

ひろこ (11/04 16:56) 編集・削除

これじゃないかい?

http://www.ainu-museum.or.jp/takar/summary/004.html

こっちでも講演の時はがらがらで、
楽器演奏と舞踊の前にいっぱいになってたよ。

珍獣ららむ〜 (11/04 18:17) 編集・削除

笑っていいのか悪いのかよくわからないけど、
やっぱりね、といった感じ(汗)

カムイユカラは、サケヘの文句は同じだけれど、
内容はオキクルミとフクロウの神の話で違ってるみたい。
節回しもだいぶ違ってた。
でも、そのアーカイブすごいねー。
端から聞いてみるよ。

ひろこ (11/04 20:02) 編集・削除

違ったか~、残念。
検索して出てくる「ブロニスワフ・ピウスツキーが蝋管で採取した音源」というのを聞いてみたいねぇ。

こっちの「アイヌ文化フェスティバル」は、
アイヌ文化に特に興味はないけど何か面白そうだから来た、
と言う感じのお爺ちゃんお婆ちゃん達が多かったので、
終始ゆる~い雰囲気で面白かった。

隣の席の三婆は、ず~っとサクマドロップの缶を回してたよ。

珍獣ららむ〜 (11/05 14:35) 編集・削除

そういうゆるさって、大事かもしれない。
まあ、なんかいろいろあるのよ、たぶん(笑)

追悼:福田和禾子さん

http://www.kobe-np.co.jp/knews/0001507652.shtml

福田和禾子さん死去 作曲家
 福田 和禾子さん(ふくだ・わかこ=作曲家)5日午後5時52分、東京都新宿区の病院で死去、66歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取りは未定。喪主は長男匠(たくみ)氏。

 東京芸大卒。NHKの「おかあさんといっしょ」や「みんなのうた」などで数多くの曲を手掛けた。主な作品に「北風小僧の寒太郎」「そうだったらいいのにな」など。父は戦前から戦後にかけて活躍した歌手の故松平晃。(10/6 12:09)

◎福田若子さんの作品はこんな曲です
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/dbuta/database.cgi?IDv005=&IDn005=keys3&IDn006=AND&template=006-005&IDv007=&IDn007=keys4&IDn008=AND&template=007-008&keys6=&keys7=%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%92%8C%E7%A6%BE%E5%AD%90&keys5=&joinkeys11=&joinkeys8=&joinkeys9=&IDv001=&IDn001=not&word=0&print=50&INDEX=