記事一覧

舎人公園から見える山 #浅間山 #富士山 #武甲山 #両神山

 別の記事のコメント欄で、水元の飯塚橋から浅間山が見えるかどうかっていう話になって「足立区の舎人公園からは見える」と教えてもらいました。
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?mode=comment&no=1261#comment
 記事本文は「赤城山」が見えるかどうかって話なんですが、浅間山は多分見えないって書いたら、建物の影にさえならなければ見えますよって話になったわけです。

 今朝は天気がよかったので舎人公園まで行ってみました。撮影場所は、足立区にある舎人公園(とねりこうえん)の、あさひ広場ってところにある小高い場所です。


ファイル 1858-1.jpg
▲どうもこれが浅間山っぽい。送電線の鉄塔の間、エンゼルハイムというマンション越しに白っぽく見えてる。肉眼でもなんとなく山っぽくは見えるけど、雲じゃないのかって言われるとウーンと悩んじゃうような感じでした。
ファイル 1858-2.jpeg
▲コントラストを上げて山の輪郭が見えるようにしたもの。クリックで少し大きな写真。

 距離があるのでかなり厳しいですが、確かに見えてますね。へー、東京からも見えるんだ!

ファイル 1858-3.jpeg
ファイル 1858-4.jpeg
▲こっちは富士山。富士山はほんとによく見える。ダイヤモンド富士になるのは、2015年1月16日ごろ、11月25日ごろ。


 群馬からは、富士山が見える場所がほとんどありません。少なくともわたしが住んでたことがある伊勢崎市からは見えませんでした。そのかわり浅間山(あさまやま)がよく見えるんですが、これがまあ、伊勢崎あたりから見ると富士山そっくりで、東京から来た人が「えっ、富士山じゃないの?!」なんて言うくらい。

 そんなこんなで子供の頃は富士山を見たことがなく、東京に移り住んでからは、建物の間から富士山が見えるとレアなものを見たような気分になったものです。今じゃ逆に、浅間山が見えるのが珍しくて仕方ないのですが。

 古来、日本人は富士山に対して特別の感情を持っていて、地元の山が富士山と高さを競う昔話が各地にあります。

 誰もが富士山に登ってみたいという欲求はあるものの、昔は自由に旅に出る余裕はなく、お金を出し合って代表を富士登山に送り出す富士講なんていう集まりもありました。

 富士山に行けない人たちが、土を盛って作った山を富士山に見立てて、その小山に登ることで富士登山したつもりになる富士塚信仰なんてのまであります。

 東京暮らしが長くなり、たまに群馬へ遊びに行くと、中山道を旅した昔の人たちがどんな風に山を見てたんだろうと考えます。霊峰富士は江戸や武蔵の野っ原からよく見えたでしょうが、上州に近付くと見えなくなって、やがて浅間山がよく見えるようになります。

 似てるとはいえ浅間山は富士山よりだいぶ小さいし、見違えることはないと思います。それでも自然のなりゆきとして、浅間山を富士山の似姿として眺めたんじゃないのかな。富士山の女神を祀る神社を浅間神社(せんげんじんじゃ)と言ったりするし。


ファイル 1858-5.jpeg
▲秩父の山も見える。武甲山と両神山。

 筑波山や男体山も見えてましたが、風が強くて撮影どころじゃなくなり、帰ってきてしまいました。

タグ:富士山

コメント一覧

shushu (01/15 16:42) 編集・削除

ついに舎人公園からの浅間山をとらえたんですね。おめでとうございます。この写真は浅間山で間違いありません。実は私は陸上の審判員をしていまして舎人公園は良く行くんです。で、フレンドリーマラソンの審判員として昨年12月23日千住新橋の橋の上から浅間山は見えないかなと探していたところこの日は浅間山は見えませんでしたが、代わりに南アルプスがしっかり見えブログにアップしました。ちなみに千住新橋からも浅間山は見えますよ。
gabotyan

珍獣ららむ〜 (01/15 19:11) 編集・削除

shushu さん、こんにちは。
さきほど shushu さんのサイトからフェイスブックの呟きを拝見したのですが、南アルプス、写ってますね!!
これはすごいですね。
まさか東京から南アルプスが見えるなんて思ってませんでした!
gabotyan

ダイヤモンド富士:12月30日、31日レイクタウン(写真あり) #富士山

 レイクタウン周辺はちょうど大晦日と元日を含む数日間がダイヤモンド富士になる絶好のポイントです。

 今年は大晦日と元日が天気悪そうな予報だったので、30日に出かけてみました。

ファイル 1857-1.jpeg
▲2014年12月30日越谷レイクタウン・アウトレット棟の片隅にて。

 このとおり、富士山頂に沈む夕日が一応は見えたんですが、空が霞んでいて、富士山がきれいなシルエットになりませんでした。そういうこともあるんですよねえ。

ファイル 1857-2.jpeg
▲引いて写すとこんな感じ。湖(人工の調整池だと思います)に映る空がなかなか美しい。
 
 ここでこの時期にダイヤモンド富士が見えるという情報が行き渡っているのか、湖のほとりでカメラを構えてる人がけっこういました。


ファイル 1857-3.jpeg
▲これは今日(31日)の写真です。予報ほど天気は悪くありませんでしたが、富士山のまわりだけ雲があってダメでした。

 レイクタウン周辺、次回のダイヤモンド富士は2015年の12月19日ごろと、冬至をはさんで12月31日ごろです。


◎越谷レイクタウンのkaze棟屋上駐車場より
2013年大晦日と14年元日の写真
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=1745
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=1753

ダイヤモンド富士の予測ならカシミール3Dがおすすめ

 カシミール3Dは、その場所からどんな山が見えるか、太陽がどこから昇り、どこへ沈むか、というようなことをシミュレートできるソフトです。Windows版のみで、Mac版はありません。わたしもこのソフトで予想をたてて、ダイヤモンド富士を見に行ってます。


▲リンク先は楽天ブックス。

 この入門編を買うと全国版の1/20万地図と、関東甲信越版の1/5万と1/2万5千地図が入ってるらしいです。らしいとか情報がテキトーですみません。わたしが持ってる古いバージョンだと1/5万地図の全国版が普通に入ってたもので、新しいのはよくわからないです。

 20万地図でもやれないことはないですが、広域すぎて少し使いにくいと思うので、関東でダイヤモンド富士の予想をするんだったら上記の入門編を買うのが良さそうです。


 もし富士山より西の地域で使うなら、下記の「GPS応用編」に西日本の5万と2万5千地図が入ってるようです。




 東北・北海道方面の5万、2万5千地図は、下の「パーフェクトマスター編」というのに収録されてます。

 が、東北からだと富士山が見える場所がほとんどないのと、仮に見えても距離がありすぎて夕日の光の中に富士山が埋没しちゃいそうな気はします。



 もちろん、ダイヤモンド富士だけでなく、ダイヤモンド浅間山とかも予想できますので、富士山が見えない地域でも使えます。登山をする人だと、もっといろいろ使い道があるかもしれないですね。

タグ:富士山

コメント一覧

亀有の猫獅子 (01/14 00:15) 編集・削除

gabotyan
 深夜にこんばんは。ダイヤモンド富士がらみの余談ですが、足立区都市農業公園によりますと、今度の週の初めあたりにその辺の荒川から見られるのだそうです。足立区都市農業公園で検索されれば、そのサイトからわかると思います。筆者もその頃見に行こうかと思っていますが、時間がありましたらどうぞ。

珍獣ららむ〜 (01/14 07:03) 編集・削除

こんにちは。
「その辺の荒川」は乱暴な話ですね。
農業公園のサイトにそう書いてあるんですか?
(あったら恐いのでなんとなく検索したくないw)
水元と亀有で、ベストな日付が変わったりするくらいですから、
荒川だって鹿浜で見るのか堀切で見るのかで、発生する日時が変わるんです。

以下はわたしが見に行けそうな場所で、ダイヤモンド富士になる日時のリストです。2014〜15年で計算してますが、向こう10年くらい見てもほとんど同じ日に発生する予定です。
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=1839

パソコンのソフトを使って計算させてますので
見たい場所が正確にわかれば何月何日何時何分にそこで待ってればいいかわかりますよ。
「見る場所」がすごく重要です。それが固定されないと、ピタッとダイヤモンドになる日を割り出せません。
gabotyan

ステラナビゲータを注文するので

 買うので、自分用のリンク。

楽天


ステラナビゲータ10と公式ガイドブックのセット
送料無料

Amazon


ステラナビゲータ10と公式ガイドブックのセット
送料無料


 いちおう両方貼ってみたけど Amazon のほうがちょっと安いんだよ…

#おりがみ 今日の折ってみた:ミラージュキューブとピンヒールキューブ



 今日もおりがみやってます。今回はまったく同じに見えるのに、全然別のものだっていう不思議な例を紹介します。


ファイル 1855-1.png
▲このふたつのキューブ。色は違いますが、大きさも模様も同じですよね。ところが分解してみると…?

ファイル 1855-2.png
▲ぜーんぜん別の部品で作られていました。

 青い紙で折ったのは、わたしが折り方を考えたもので、いちおうミラージュキューブと命名してあります。
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=1338
 上記URL↑に折り図をアップしてありますが、今回は動画にもしてみました↓



 そして、赤い紙で折ったものは、ミラージュキューブを考えてブログにアップしたあとに、youtubeでこういう動画があるよって教えてもらったものです。

 あとでゆっくり見ようと思って再生リストに入れたまま、ふと気付いたら2年もたってました(浦島太郎と呼んでください)。しかも誰から教えてもらったのかも今となってはよくわかりません。一番上に貼った動画の中で「どなたかわからない外国の方」とか言ってますが、実際には日本の方かもしれないです、すみません。折り紙関係だと外国からの反響も多いので。

 教えてくれ方ありがとうございます。こんなに面白いもの2年も放置してしまってすみません。

タグ:おりがみ

#おりがみ 今日の折ってみた:聖誕祭の木(クリスマスツリー)

 やってるうちに面白くなってきたのでクリスマスツリーばっかり折ってます。

ファイル 1854-1.jpeg
今日もの youtube で見つけたもので、作者はわかりません。 Layla Torres さんという人が作った Árbol de Navidad という動画を見て折りました。

  Navidad はスペイン語でクリスマスの事ですが、全部「クリスマスツリー」なのも面白くないので聖誕祭の木と訳しておきましょうか。


 上の動画は、紙の切り出し方と幹の作り方のみです。枝・葉になるパーツは、下の動画の花と同じだそうです。


 この折り方だと紙の裏側も見えるので、裏表が同じ色の紙を使うと仕上がりがきれいです。裏の白い紙で折るなら、中表に折り始めないと下の写真のように失敗します。
ファイル 1854-2.jpeg
▲外表に折ったらこうなった。

 それと、Torresさんの折り方だと、最初にあやめの基本形を折ってから広げながら沈め折りしているんですが、ざぶとんの基本形から折るともっと簡単じゃないんですかね。

ファイル 1854-3.jpeg
▲まずこう折る。色がついてるほうを中にして、ざぶとんの基本形。

ファイル 1854-4.jpeg
▲次ぎにこう折る。ひらひらを内側にすること。

ファイル 1854-5.jpeg
▲それからこの部分を折る(四ヶ所全部)。

 そして、よく折り目をつけてから、傘をおちょこにするみたいにペコンとひっくりかえして、自然に開くと同じものができます。あとは形を整えるだけ。

 まったく同じものを折るのに別の手順でもできるという例でした。

タグ:おりがみ