記事一覧

偽物ウブロ時計スーパーコピー

ウブロスーパーコピー優良店、偽物ウブロ時計スーパーコピー
ウブロスーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=3
ウブロ ビッグバンスーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=5
ウブロ クラシック スーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=4
ウブロ キングパワー スーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=7
ウブロ アエロバン スーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=18
ウブロ リミテッドモデル スーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=166
ウブロ スピリット スーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=6
日本一流のウブロスーパーコピー時計N級品優良店。最高級ウブロコピー時計激安販売。弊店のウブロ時計スーパーコピーは2年品質保証。
ウブロスーパーコピーn級品海外激安通販優良店!ロレックス、ウブロをはじめとした、 様々なスーパーコピー時計の販売・サイズ調整をご提供しております。完璧なのウブロ スーパーコピー時計を経営しております。

明治天皇有馬御野立所の石碑/異体字萌えの世界へようこそ

 旅行の写真などがいろいろたまってるんですが、一記事に貼り切れなかったりして、どうせならブログを新しくしてからにしようかなあなんて思ってるうちに旬を逃しちゃうんですよねえ。リニューアルするにはサーバ機から新しくしないことには重くてしょうがないし。

 そんなこんなで、あまり大掛かりじゃないことをしたいんですが、写真がイマイチなのが残念です。そもそもブログに貼ろうなんて思わず、ちょっとしたメモのつもりで撮ったので。
ファイル 1831-1.jpeg
 石碑です。これはたしか、群馬県の八木原駅からちょっと歩いたところで撮影したんだったと思います。これが全体が写っているという点で一番よく撮れてるんですが、横から写してしまったので正面に何が書いてあるかわかりづらいのが酷いですね。いや、ほんとにメモのつもりだったもので。

 正面に書いてあるのは「明治天皇有馬御野立所」だと思います。だと思うっていうのは「野」の字が面白い異体字になってて、正直言うとホントに野なのか自信ないからなんですけど。

 向かって左側面(写真だと手前側)には「昭和九年十月建設」と書いてあります。

ファイル 1831-2.jpeg
 これは向かって右側の側面から写したものなんですが、群馬郡の「群」が、君と羊を縦に並べた面白い異体字になっているので、異体字萌えで撮影したらこうなりました(笑)

ファイル 1831-3.jpeg
 二枚目の写真の下を写したもので「古巻村」という文字が見えます。正面の「御野立所」も写ってるんですが、これでも見づらいですね。

ファイル 1831-4.jpeg
 一枚目の写真から「御野立」のところだけ切り抜いてみました。これでギリギリ見える感じ。うーん、やはりイマイチだ。


 なんでこんなイマイチ写真を貼ったかっていうと「野立所」を「堅立所」と間違えて読んでる人のブログを見てしまったからなんです。

 群馬郡(もしかすると西群馬郡かも)古巻村の野立所について書いてる人はいないかと思って検索して、どうもみつからないので、ひょっとして「堅立所」って読まれてるんじゃないかと思って検索したというわけなんです。群馬郡のはみつからなかったけど、別の場所のを見事にそう読んでる方をみつけてしまい、自分の検索力の高さにあきれ返りました(笑)

 写真じゃ見づらいですが、書いてあるのはこんな字なんです。
ファイル 1831-5.png
 野立(のだち、または、のだて 両方の読みで辞書に載ってる)という言葉を知らないと、確かに堅立って読んじゃいそう。

 御野立所というのは、天皇陛下など、偉い人が何かを視察にいらした際に、ここでお休みになりました、みたいな場所のことだと思います。有馬って書いてあるからこの場合はお馬さんも一緒だったってこと…なの?(って、人の間違いを指摘しておいてわたしも怪しいじゃん!!!)うん、だから、有馬が地名なのか馬と一緒だったって意味なのかって思ったので検索したんですよ、みつからなかったけど。

 いや、有馬や野立の意味はこの際どうでもいいんです。萌えポイントは異体字ですよ。漢字はおもしろい。横に並べたり、縦に並べたり、バランスを変えたり、手書き文化は自由度が高くていいもんですね!

タグ:群馬

子生まれ石を見に行った話

 子生まれ石というのは、沢が削る崖肌から、丸い石というか岩が生まれてくる場所です。静岡県の牧之原市ってところにあります。

 かれこれ20年以上前になんかの本で読んだんですよねえ。その石は何十年かに一度、崖からコロンと生まれてくるんだそうです。形はまんまるいのもあれば、繭のような形をしたのもありますが、とにかく、誰かが丸く磨いたみたいに、コロンとしたものが崖から生まれてくるっていうんですよ。

 近くに大興寺(だいこうじ)というお寺があり、初代住職が亡くなった時に村人が繭の形をした石をとってきて、無縫塔(お坊さんの墓標)にしたそうです。

 それからというもの、この寺の住職が亡くなる前になると崖からコロンと石が生まれてくるんだそうです。初代住職から二十九代まで、すべてこの石を墓標にしてるらしいですよ?!

 こんな話を聞いたら見たくなっちゃうんですが、これを知った当時は情報が少なくて場所もわからなかったし、仮にわかったところで駅から離れてたらどうやって行けばいいのかなあ、なんて思ってるうちに、行けずに過ごしちゃった。

 最近になって思い出して調べたら、近くに温泉が出来たりして、JR金谷駅からバスが出てるんですね。そこまでわかればどうにかなるので秋の乗り放題パスで行くことにしました。

 11:30ごろ、金谷駅到着。いい天気です。遠くにうっすらですが富士山も見えてました。昼時でお腹がペコペコですが、駅前にはなーんにもありません。JRの駅には売店すらないんですよ!でも、隣接した大井川鉄道の金谷駅には売店があったので、おにぎりを買って食べました。

 さて、大興寺に行くバスですが、菊川市の自主運航バス「萩間線」といって、あんまり本数は多くはありません。平日だと1〜2時間に1本といったところです。休日はもっと本数が減るみたい。

 しかしこのバスに乗らないと行くのは難しいです。駅からけっこうな距離がある上に、途中が山なんですよ。それほど高くはない山ですが、歩いて行くとなると簡単ではないです。

 もし遊びに行きたくなったらバスの時間だけはチェックして、バスの時間にあわせて電車に乗ってきてください。

◎菊川市/自主運航バス「萩間線」
http://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/chiikishien/chiiki_hagima.html
 ここに時刻表と運賃表があります。

 おにぎりを買ったり、駅のまわりと歩き回ったりしているうちに、12:10 の相良営業所行きのバスがやってきました。お客さんは平日の真っ昼間なのに、それなりに沢山いました。

 バスは、山を越えて、茶畑の間を爆走します。途中に何ヶ所か、工場とか、お茶関係の試験場みたいなところを通るのですが、そういうところで降りる人が多かったです(かといって職員っぽくはなかった)。

 駅から25分くらい、大興寺前に到着。運賃は570円でした。停留所の名前は「大興寺前」なんですけど、あたりを見回してもお寺は見えません。お寺はさらに5分くらい歩いたところにあるんですよ。バス通りに「龍門山大興寺」と刻まれた石碑があるので道には迷わないと思います。

ファイル 1825-1.jpeg
▲大興寺

 境内に大興寺の無縫塔について説明した看板がありました。

牧之原市指定(名勝)

 大興味寺の無縫塔

 大興寺初代・大徹和尚が亡くなった時、村人は近くの沢川から「まゆ型」の七五キロ余もある石を運んで来て墓標としました。
 それ以来、寺の住職が亡くなる前には必ず川の崖から、この石が転げ落ちるということで、遠州七不思議のひとつに数えられています。
 大徹和尚から二十九世、みんなこの石を墓標としている。
 自然石の無縫塔は、全国的にみても珍しいもので一名「子生まれ石」ともいいます。

 昭和四十一年九月二十日指定 牧之原市教育委員会

 間違いなくこのお寺です。ただ、この説明じゃ石が生まれてくる場所がどこにあるのかわかりません。近くの沢と言ったって雲をつかむような話です。

 あたりをきょろきょろ見回しましたが、残念ながらここにはこれ以上説明はなさそう。お坊さんのお墓(無縫塔)もどこにあるかわからない。人の気配もないのでどこで聞いていいかもわからない!

 これにはちょっと参りました。実はお寺まで来たらどうにかなると思っていたのでそれ以上は調べなかったんですよね。あんまり下調べしすぎてもつまらないかなあ、とも思ったので。

 でも、良く考えたら田舎の「近く」は車で30分とかだったりしますよね。しかも山道だったりして。まさか……歩いて行けなかったらどうしよう(笑)

 とにかく、場所を確認しなきゃですよ。話はそれからです。そういえば、ひとつ前のバス停が子生まれ温泉だったはずです。そこまで行けば人もいるだろうし、観光案内くらいあるんじゃないのかな。

 というわけで、バス通りに戻って歩きました。お寺からだと15分くらい。

 子生まれ温泉は1996年に開湯された新しい温泉だそうです。広い無料駐車場があるモダンな建物でした。壁に名所案内図があったので見ると、子生まれ石は温泉の前の道を山のほうに車で1分行ったところにあるようです。良かった、その程度なら歩けそう。

 そういうわけでまた歩き。山の中っぽいので少し心配しましたが、特に坂道が険しいということもありませんでした。。老人福祉施設の前を左に曲がって、てくてく歩いていくとこんな場所に出ます。

ファイル 1825-2.jpeg
▲子生まれ石駐車場

 なんと、無料駐車場まであるんですよ。駐車場は広くてけっこう沢山車を置けそうです。写真では切れちゃってますが、左側にチラッと見えている建物は、休憩所(あずま屋)と公衆トイレです。

 休憩所の裏に沢があって、その沢沿いにちょっと歩くと祠(ほこら)がありました。

ファイル 1825-3.jpeg
▲子生まれ石をまつった祠

 ってことは、石が生まれてくるのもこのあたりの崖なの……?

 そう思ってきょろきょろするんですが、ここには石が生まれている形跡はありませんでした。

 あれえ、おっかしいな。石は崖肌から、じわじわと生まれつつあるはずなんです。何十年もかけて、ちょっぴりずつ生まれてくるので、今この瞬間も生まれる途中の石がどっかの崖肌にあるって聞いたのになあ。

 ちょっとあきらめかけましたが、沢沿いにまだ遊歩道が続いているので歩いて行くと、おっと、ありましたよ。これぞまさしく子生まれ石が生まれてくる現場。うまれるー、うまれるー!!

ファイル 1825-4.jpeg
▲まさに生まれる途中の子生まれ石(クリックでやや大きめの写真)

 こんな写真でわかりますかねえ。崖から丸い石が複数顔を出してますよね。これがやがて、寺の住職の墓石になるんでしょうか。この調子だとコロンと落ちるのにまだ何十年もかかりそうです。今の住職は何歳かわかんないけど、そうとう長生きしなきゃね?

ファイル 1825-5.jpeg
▲おおざっぱな位置関係:右側が北で、金谷駅がある方向。

・金谷駅から大興寺前まで、相良営業所行きのバスで25分、570円
・大興寺前から寺まで、徒歩で5分くらい
・大興寺前バス停から、子生まれ温泉バス停まで徒歩で10分くらい
・子生まれ温泉バス停から、子生まれ石のあるところまで徒歩で15分くらい


 このあと、温泉があるところまで戻ったんですが、次のバスが50分くらい待たないと来ないので、温泉に入って暇つぶしました。550円也。温泉施設の中に食堂がありました。ここまで来ちゃえば食事もできそうです。

タグ:不思議

郡山旅行:貼り切れなかった写真や書き切れなかったことなど

本文はこっち
http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=1821

黒磯駅前からのバス路線図

ファイル 1822-1.jpeg
 リサイズすると文字が潰れてしまい、かといってフルサイズで貼ると重くて大変なことになるので気分だけ。

 黒磯駅は新幹線が通る前はかなりイケてたんじゃないですかね。駅前に「那須塩原温泉郷へようこそ」みたいな看板があるし、バス路線の案内図を見ると観光地がいっぱいですよ。室板温泉、ハイランドパーク、南ケ丘牧場、サハリーパーク(那須サファリパークのことか?)、りんどう湖、那須温泉、弁天温泉、八幡温泉、大丸温泉、北湯温泉、ロープウェイ……などなど、見てたら行きたくなってくるような停留所がいっぱい。

郡山:安積国造神社

ファイル 1822-2.jpeg
ファイル 1822-3.jpeg
 これが跳ね上げ格子なんですが、写真が分かりにくいかなあ。正しくは蔀戸(しとみど)と言うそうです。格子窓を上にはね上げて、庇から下がってる金具で止めてあります。平安時代の様式で、京都御所の古い建物なんかもこれですよ。

◎日本経済新聞:窓クラブ
http://ps.nikkei.co.jp/YKKAP/season5/sikitari/03/02.html

郡山:スペースパークの展示スペースの話

http://www.chinjuh.mydns.jp/cgi-bin/blog_wdp/diary.cgi?no=1799
 スペースカークのプラネタリウムを見たって記事は前に書きました。この時書いた「謎の球体」の中に、400円払ってついに潜入したというわけです。

 結局何が見られたかっていうと、宇宙関係の展示であることは確かです。館内のデザインがちょっと素敵かも。ただ、なんかいろいろ「???」だったりして、うーん、ええと、うーん。

 内容がほとんどリニューアルされていないのか、あっちこっちで説明が過去の話でした。あと、施設がご大層なわりに展示が意味不明だったりも。ビッグバンから今日までの宇宙の歴史を説明するとこなんか、説明の音声(録音)にあわせて壁に書いてある絵に光があたるんですが、その絵ってのがほとんど模様のようなもので???だったし。

 CGを使って太陽系をシミュレートするところなんか、どうも再生スピードがおかしい感じがする。たぶん古い機械用に作ったのを新しいのに乗せかえたらCPUがやや速くなってるせいでアレレみたいな感じじゃないのかと想像。でもこれ、内容は面白かったですよ。それぞれの惑星がどんな構造になってるか、地球から見たときどんな動きになるのか、そういうことがかなり詳しく説明されてるんですが、なんか再生速度がおかしい。太陽から各惑星に小惑星、冥王星、彗星まで網羅してるので、全部見るのに1時間以上かかりそう(この日は誰もいなかったし時間があったので9割くらい見ましたが)。大勢が見るんじゃなくて、せいぜい二人くらいが見るような感じになってて、展示としてはビミョーだろうなって思います(笑)


 でも、悪いことばっかりじゃないです。

 すごいなって思うのは、平日の真っ昼間で、だーれもいないのに、なぜか科学実験ショーみたいなのをライブでやってた点ですね。そういうの土日にしかやらないことが多いじゃないですか。この日は「鯛焼きを盗んだ犯人を捜す」という、寸劇仕立ての実験で、指紋のとりかたを教えてもらったり、タマネギからDNAを抽出する実験をやらせてもらったりしました。面白かったです。

 惑星探査車を操作する体験コーナーも面白かったな。月みたいな場所に、小さなリモコン式の探査車が本当に置いてあって、それを「モニターを見ながらレバーで操作」します。これの面白いところはですね、操作してる人にはモニター画面しか見えないってこと(まわりで見てる人には見える)。そして、わざとタイムラグがあるってことですね。

 月だか火星だか、どこでもいいんですが、無人ロケットで無人の探査車をおくりこんで、それを地球から操作してる感じなんです。電波にも速さがありますから、右を向けって命令して届くまで、その探査車が動いて地球に画像を送ってくるまで、どちらにも時間がかかる。そのタイムラグまできっちり再現されてて、これは理屈がわかるとかなり面白いです。子供だと何歳くらいから理解できるようになるんだろ。理解できないとつまらないかも。

 あと、宇宙飛行士が訓練で使うグルグル回るやつ(トリプルスピン)とか、バネを使って月の重力を体験する装置とか、土日だと子供は使えるみたいなので、たぶん楽しいですね。わたしが行った時は係りのお姉さんたちがハーネスのつけかたを練習してて、もしこのままお姉さんが回されたら、自分が乗るより面白そうと思ってしばらく見てたんですけど回りませんでした。ちっ(笑)

 どこまで撮影が許可されてるのかわからないので写真はありません。


郡山:ビッグアイの展望ゾーンにあるジオラマ

ファイル 1822-4.jpeg

 展示ゾーンと宇宙劇場(プラネタリウム)は有料なんですが、展望ゾーンは無料です。鉄道のジオラマ以外に、電車の運転シミュレーター(200円)があって、喫茶スペースや売店があります。あと星座ジグソーなどのゲームができて、天体写真の検索ができる機械がいくつか置いてありました。

郡山:マンホール

ファイル 1822-5.jpeg
 郡山の鳥であるカッコウ、郡山の木であるヤマザクラ、郡山の花であるハナカツミがデザインされているそうです。ハナカツミはこの絵だとアヤメか花菖蒲かそこいらへんの花っぽいです。

タグ:秋の乗り放題パス 東北 マンホール

デカルトの悪魔 Cartesian devil を作ってみたよ(動画あり)


 これ、子供の頃に科学読み物で見て、すごく作ってみたかったんですよねえ。でも当時はペットボトルとかなかったので、水に圧力を加える仕組みがめんどくさかったんですよー。

 そういえば今ならペットボトルを使えば簡単なんだって思いついて、AllAboutのグッドアンサーズにもペットボトルの玩具というお題が出てたので作ってみました。
http://answers.withabout.jp/topics/full/7977/
 浮いたり沈んだりする原理や、浮沈子(ふちんし、決してフチンコと読んではいけません!!)の作り方などはここに書きました。

 動画で、ペットボトルを握った時に、緑色の管(浮沈子)の中に水が流れ込んでいるのを見てください。これが浮いたり沈んだりする秘密です。

 なお、デカルトの悪魔という呼び名は、この玩具をデカルトが発明したという俗説があるから、らしいです。デカルトの潜水夫とも言いますね。

楽天を探したらドイツ製の浮沈子がありました


 画像のリンク先は楽天市場内のショップです。ここではウォーターゴーストという名前になってます。ガラスで出来ていて、足が少し重くはなっていますが、それだけでは沈まないので中に少し水を入れて重さを調節するようです。

タグ:手芸

ページ移動