記事一覧

Supreme 2018年秋冬コレクション パンツ

ニュースペーパーや宗教柄など、トップス類とセットアップで着用したいパンツが多数登場
春夏コレクションの終了からしばらく、待望の〈Supreme(シュプリーム)〉シーズンが再開する。2018年秋冬コレクションは、ブランドの原点である1990年代のエッセンスを落とし込んだプロダクト展開だが、パンツ部門はトップスと対になる、すなわちセットアップで着用したいラインアップに。宝石柄やティーザーに使用されていた龍のモチーフなどがその最たる例であるが、その他にもニュースペーパー柄、NYロゴ、キルティング、GORE-TEXなど、スウェットを含むトップス類にフックしたパンツが多数登場。その一方で、ツナギやカモフラ柄のトレーニングパンツ、ダブルニーのワークパンツも激しい争奪戦が繰り広げられることになるであろう。

〈Supreme〉の2018年秋冬コレクションは、ニューヨーク、ロサンゼルス、欧州各都市における旗艦店で8月16日(現地時間)にローンチを迎えた後、その週末となる18日(土)に国内展開がスタート。リリースに備えて、以下よりルックブックならびに気になるカテゴリーのアイテム一覧の予習を済ませておこう。

偽物ウブロ時計スーパーコピー

ウブロスーパーコピー優良店、偽物ウブロ時計スーパーコピー
ウブロスーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=3
ウブロ ビッグバンスーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=5
ウブロ クラシック スーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=4
ウブロ キングパワー スーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=7
ウブロ アエロバン スーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=18
ウブロ リミテッドモデル スーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=166
ウブロ スピリット スーパーコピー http://www.sanndaru.com/category.php?id=6
日本一流のウブロスーパーコピー時計N級品優良店。最高級ウブロコピー時計激安販売。弊店のウブロ時計スーパーコピーは2年品質保証。
ウブロスーパーコピーn級品海外激安通販優良店!ロレックス、ウブロをはじめとした、 様々なスーパーコピー時計の販売・サイズ調整をご提供しております。完璧なのウブロ スーパーコピー時計を経営しております。

プラダトートバッグスーパーコピー

オーデマピゲスーパーコピー
ブランドスーパーコピー
シュプリーム スーパーコピー
OFF-White スニーカー コピー
ハリーウィンストンスーパーコピー
エルメス 財布コピー
サンローラン tシャツ コピー
セリーヌ 財布 コピー
ウブロスーパーコピー
ヴェトモン コピー
バレンシアガ トートバッグ コピー
バレンシアガ 財布コピー
シャネル 財布コピー
カルティエ 時計コピー
ブルガリ時計コピー
ブライトリングスーパーコピー
ハリウッド映画 腕時計
ジバンシー 財布コピー
時計 レプリカ
バレンシアガ コピー 服
シャネル コート コピー
モスキーノ スーパーコピー
ヴェトモン スニーカーコピー
ヴェトモン キャップ コピー
シュプリーム コピー
vetements コピー
supreme 激安
ブランド トートバッグ コピー
バレンシアガ トートバッグ コピー
バレンシアガ財布コピー
グッチ服スーパーコピー
グッチ靴スーパーコピー
グッチスーパーコピー
セリーヌスーパーコピー
ステラマッカートニーバッグスーパーコピー
ルブタン 財布 コピー
超スーパーコピー時計
ロレックス スーパーコピー
ウブロ スーパーコピー
バレンシアガ スーパーコピー
ウブロ スーパーコピー
オメガ スーパーコピー
スーパーコピー時計ブランド専門店
プラダトートバッグスーパーコピー
スーパーコピー靴N級品

新しいブログに移ろうと思います

 みなさんこんにちは。このブログツールも古くなったことなので、新しいブログツールに変えることにしました。今後のブログ更新は下記でやろうと思います。

◎超・珍獣様のいろいろ
http://www.chinjuh.mydns.jp/wp/
 見た目あんまり変わらないように設定してあります。わたしゃ長文が多いので、トップに全文掲載しないで「続きを読む」ボタンを出すようにしたとか、そんくらいの違いしかないと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。




 なお、今見ているこのブログ(新・珍獣様のいろいろ)ですが、更新はしなくなりますが、閉鎖はしませんので、これまでどおり過去の記事を自由に見ることができます。

 また、何か問題が発生するまでコメントやトラックバックは今までどおり受け付けています。


 というわけで、今後ともよろしくお願いします。

七草粥(動画あり) #料理 #レシピ

 去年からいじってる新しいブログを今日こそ公開しようと思い、記事を書いて、よし、twitterにも流しちゃる、と思ったところで表示崩れに気づく。表示上の問題だけ(だと思う)ので公開しちゃってもよかったかもしれないですが、今日はとりあえずここ使います。はあ…



 1月7日なので七草粥。海外向けにあやしげな英語字幕入りの動画も作ってみたよ。

材料(2人前くらい)
 七草 お好みで好きなだけどうぞ
 米 50ml
 水 350〜400ml
 塩 少々

作り方
1. 鍋に分量の米と水を入れ、火にかけ、沸騰したら蓋をして弱火で30分くらい煮る。吹きこぼれないように注意する。
2. 七草を洗って刻む。歌もうたうこと(笑)
3. 1が30分たったら、蓋をあけて塩少々と、2の七草を加える。
4. 蓋をして弱火で5分蒸らしてから、ざっくり混ぜれば完成。

七草の歌
 ななくさ なずな 唐土の鳥が
 日本の国に 渡らぬ先に
 ストトントン トン


 歌まで歌って動画を作ってみたものの、実はうちでは七草の歌をうたったりしなかったです。ゆえにメロディーも昔どこかで耳にしたのをうろ覚えです。

 実は七草粥を毎年食べる習慣もうちにはなかったです。祖母が草むしりの時に
「これがナズナ。七草粥に入れるんだよ」
と教えてくれたことがありますが、お粥に入れてるのは見た事がないです。

 祖母が鎌で地面からけずりとってくれたナズナのロゼットは、不思議といい香りがしたのを覚えています。その時のことを思い出すと、ナズナをもてあそぶ自分の手が、まだ小さくて瑞々しい子どもの手だったのを鮮明に思い出すのでした。

なぜ七草を食べるのか、唐土の鳥とはなんなのか?

 twitterで、唐土の鳥が中国の伝説と関係があるのではないかと教えてもらったので、いくつか古典をあたりました。さきほどこれについて頑張っていろいろ書いたのですが、送信する前に Firefoxがハングして全部消えやがったんですよ!

 幸いにも本から抜き書きしたものはブログの入力欄ではなく、テキストファイルに保存してあったので、ごく簡単に結論のみまとめて、巻末に抜き書きをどっさりつけますので、読みたい人は読んでください。

1. 正月七日に七草を食べる風習は、六世紀中国の、揚子江中流域ですでに行われていた(荊楚歳時記)。

2. 正月七日に鬼車鳥あるいは姑獲と呼ばれる鳥が飛来して幼児に害をなすため、床や戸を叩き、犬を吠えさせ、あかりを消すなどして追い払うという風習も、六世紀中国に存在している(荊楚歳時記)。

3. 江戸時代中期の『和漢三才図会』には、2の伝説が記録されているが、七草に関する説明はない。

4. ゆえに、もともと関連のなかった1と2が、日本に伝わり幕末あたりでごっちゃになり、七草を爼の上で叩いて、唐土の鳥を追っ払うようになったのではないか。「唐土鳥日本の鳥渡らぬ先に」と唱えるのも幕末から(嬉遊笑覧)。

# 唐土の鳥については、古今の文献で『荊楚歳時記』にある鬼車鳥説をあげていますが、幕末の『三養雜記』に、根拠としてあげるほどのものではないが、と前置きしながら「七草册子といふものに、須彌の南にはくが鳥といふ鳥あり、かの鳥の長生をすること八千年なり、此鳥春のはじめ毎に、七色の草をあつめてふくするゆゑに長生をするなり」という長寿の鳥説があげられているようです(『故事類苑』より孫引き…いやひ孫引きか?)

# 「唐土の鳥が日本の国に」と歌うのは西日本で、関東では「唐土の鳥、日本の鳥」という話が『古今要覽稿』にあるらしい(『故事類苑』より)

# 「唐土の鳥と、日本の鳥と、渡らぬ先に、七草なずな、手に摘み入れて、あみぼし・とろき・ひつき・ちりこ」という形の歌は『桐火桶』という本に出てくる。藤原定家が書いたとされているので、それが本当ならば(本当かどうかは不明)、十二世紀には七草の歌の原型があったことになる。

資料(抜き書き)は長いのでここをクリック

タグ:郷土料理

コメント一覧

Sari (01/08 01:23) 編集・削除

こんにちは、Sariです。

七草粥の日ですね。

中部か関西の方のブログに七草の歌について書いてありました。
七草の風習は一晩中音を立てて七草を刻んで
夜の間に大陸から飛んでくる渡り鳥を追い払い、
渡り鳥が運ぶ悪霊を払うというのが目的だそうです。
(今時は鳥インフルですね)

刻むときの唄(おまじない)が、ご紹介なさった
♪~唐土の鳥が、日本の土地へ、渡らぬ先に・・・♪~

実際にうたいながら刻むという行事が実際に残っているところがまだあるんですね。
粥じゃない料理に加えてもいいのかも。
gabotyan

珍獣ららむ〜 (01/08 08:17) 編集・削除

こんにちは。
なるほど、鳥が悪霊を運ぶと信じられてるかもしれないんですね。

そういえば古代から、鳥が人の魂を運んであの世に連れていくなんて思われてたと聞いた事があります。
ヤマトタケルが白鳥になった逸話もそうですが、
伊勢物語の「ゆく蛍雲の上までいぬべくは秋風吹くと雁に告げこせ」なんてのも、あの人の魂を連れ戻すように渡り鳥に伝えておくれという意味だと、昔なんかの新聞記事で読みました。
gabotyan

たっぷ (01/08 09:36) 編集・削除

三重地方(鳥羽?)には、「海藻の七草粥」が有るそうです。伝統の海藻七草粥…と聞きましたが、どのくらいの伝統かは分かりませんでした。
gabotyan

珍獣ららむ〜 (01/08 11:30) 編集・削除

海の七草ですか!
http://www.nhk.or.jp/tsu/lnews/3073919201.html?t=
これのことかな。
この書きっぷりだとけっこう昔からありそう?
gabotyan

珍獣ららむ〜 (01/08 11:47) 編集・削除

twitterで、1月7日に来る鳥は鬼車鳥(うぶめ)で、中国の伝説と風習がもとなんじゃないかって教えてもらった。
http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiCard/5860068.shtml
この↑ページのソースはあくまで日本の随筆なので、中国の古典にどう書いてあるか調べる必要はある。

ちなみに、『和漢三才図会』(これは江戸時代に作られた日本の百科事典)の姑獲鳥(うぶめ)は今読んだ。『本草綱目』(これは昔の中国の薬学書)からの引用があったけど、1月7日と結びつける記述はなかった。東洋文庫の口語訳で確認。
gabotyan

ページ移動