記事一覧

鯨に飲まれた男の話

 手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』に「鯨にのまれた男」というエピソードがあります。たしか捕鯨船から海に落ちた男が、直後に捕まえられた鯨の胃袋から出てくるという話です。胃液で皮膚が溶かされていましたが生きていたのでブラック・ジャックのところへ運ばれました。

 お話の結末は漫画を読んでいただくとして、この話に元ネタがあるはずなんです。いや『旧約聖書』のヨナの話や、それをパクってる『ピノキオ』も手塚治虫は当然ネタにしてるんですが、それじゃなく、もっと近代の実話(と言われている話)で、そっくりな話があるはずなんです。わたしはブラック・ジャックとはまったく別にその話をどこかで読みましたから。

 それで検索したら、どこぞの質問サイトで同じことを聞いている人がみつかりました。でも回答にがっかりでしたよ。回答者が口をそろえて「そのような状況で生きているのはあり得ないので、ブラック・ジャックという漫画が元ネタなのではないか」って。しかもその話ばっかりがヒットするんだからやんなっちゃう。

 しょうがないので自力で探したらあっさりみつかりました。けっこう有名な話なんでしょうね。日本語のサイトでも話題にしている人がいるし、英語版のウィキペディアにも載ってました。

 おおまかな話はこんなんです。

・19世紀末のこと(1891年2月との説あり)
・西大西洋のフォークランド諸島
・ジェームス・バートレイ James Bartley という男
・マッコウクジラをとろうとして鯨に飲まれてしまった
・その鯨はすぐにとどめをさされ、15時間後に解体される
・胃袋からでてきたジェームスは、胃液で皮膚が溶けていたが生きていた
・彼は3週間後に仕事に戻ったが、一生盲目のままだった
・11年後に亡くなり、アイルランドに埋葬された
・墓石には「現代のヨナ」と刻まれている

 手塚はこの話を何かで読んでネタにしたんだと思います。決して手塚が元ネタではありません、たぶん。

 それで、わたしはこの話を突然思い出して、実話かどうかが気になったんですけど、英語版のウィキペディアにあっさり「都市伝説」と書かれていました。

http://en.wikipedia.org/wiki/James_Bartley

 なんでも、この話を検証した人がいるそうです。ジェームス・バートレイが乗っていたとされる船は実在していますが、その船は捕鯨船ではなかったし、乗務員リストにバートレイがふくまれていなかったということです。

タグ:びっくり偉人伝

    はてなブックマーク - {entry_title}
  • 2012年09月22日(土)19時01分
  • 日記

コメント一覧

小春日和 2016年05月19日(木)16時24分 編集・削除

はじめまして。
検索から来ました。
私もこのお話をもういちど読みたくて何年も探しておりました。
初めて読んだのは学研で出している『◎年の学習』の読み物ページだったと記憶しています。

都市伝説なんですね。知りませんでした。もし書籍として出てるならもう一度読みたいなと思ってますが・・・。

gabotyan

珍獣ららむ〜 2016年05月23日(月)00時09分 編集・削除

こんにちは(反応が遅くてすみません)。
わたしが読んだのなんの本だったか、残念ながら思い出せませんでした。
たしか雑誌ではなかったし、子供用の本でもなかったと思います。
自分の本棚は少し漁ってみたんですけどみつかりませんでした。
図書館で借りた本だったかもしれないです。
小説みたいに長い話ではなくて、ちょっとした読み物だった気がするんですけどねー。
お役に立てず済みません。

gabotyan

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー